印象に残っている「King & Prince」のシングル曲ランキング! 1位は『シンデレラガール』、2位は?

多くのヒット曲を発売してきた「King & Prince(キンプリ)」。今回は、All About編集部が実施した独自のアンケート調査から、印象に残っている「King & Prince」のシングル曲ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:「King & Prince」公式YouTubeより)

All About編集部は5月9~15日、全国10~60代の415人を対象に「King & Prince(キンプリ)」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、印象に残っている「King & Prince」のシングル曲ランキングを紹介します。
 

>7位までの全ランキング結果を見る
 

2位:ツキヨミ

2位にランクインしたのは、11枚目のシングル『ツキヨミ』。2022年11月発売の楽曲で、平野紫耀さんが主演を務めたドラマ『クロサギ』(TBS系)の主題歌に起用されました。妖艶な雰囲気が漂うアップテンポなダンスナンバーで、新しいKing & Princeの魅力を披露しました。
 

公式YouTubeチャンネルで公開されているミュージックビデオは、累計1億回再生を突破。さらに、SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートでは、ミリオンセールスを達成したことが発表されています。歌番組で華麗なパフォーマンスを見ることができたシングルで、多くのファンから票を集めました。
 

コメントを見ると、「ティアラ(ファン)の皆さんが盛り上げてくれた印象がとても強いです」(岐阜県/30代男性)、「ドラマの主題歌だけでなく、初の1億回再生はとても印象深いなと思いました」(兵庫県/20代女性)、「ダンスがとても激しくて、テレビで見ていて凄いなと思った」(神奈川県/30代女性)、「ダンススキルの高さに改めて驚かされました」(香川県/40代女性)、「ジャニーズとは思えないパフォーマンスでとても印象的」(長野県/40代女性)、「ドラマの雰囲気に合っていて良かった」(兵庫県/30代女性)といった声が寄せられています。
 

1位:シンデレラガール

1位に輝いたのは、デビューシングルの『シンデレラガール』でした。2018年5月発売の楽曲で、平野紫耀さん出演のドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)の主題歌。ジャニーズ事務所のアイドルグループらしい王道ポップスで、歌詞もメロディーもキラキラとした魅力が詰まっています。
 

メンバーが王子様のような衣装で踊るミュージックビデオも人気が高く、色あせない名曲として堂々の1位にランクイン。ロングセラーを記録した作品で、SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートでは、2023年5月8~14日の集計分でミリオンセールスを突破。リリースから5周年を迎えるタイミングで記録達成となりました。
 

コメントを見ると、「デビュー曲だったのと、とても素敵な歌で感動したから」(山口県/30代女性)、「キラキラの衣装が嫌味に感じなかったから」(埼玉県/40代女性)、「何度聞いても飽きないから」(愛知県/30代男性)、「ドラマも良かったし、王子様キャラにピッタリだから」(愛知県/50代女性)、「一度聞いたら忘れられないメロディーだと思います」(神奈川県/30代女性)、「歌番組のパフォーマンスを見ていて好きになった」(新潟県/40代男性)といった声が寄せられています。
 

>7位までの全ランキング結果を見る


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「King & Prince」の好きなシングル曲ランキング! 3位「koi-wazurai」、2位「ツキヨミ」、1位は?
「King & Prince」の好きなメンバーランキング! 3位「永瀬廉」、2位「岸優太」、1位は?
歌がうまいと思う「King & Prince」のメンバーランキング! 2位「岸優太」、1位は?
演技がうまいと思う「King & Prince」のメンバーランキング! 2位「永瀬廉」、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    「彼氏と結婚したい!」25歳女性、「結婚なんかしなくていい」と言う気難しい父親の悩み相談

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ