歌がうまいと思う「King & Prince」のメンバーランキング! 2位「岸優太」、1位は?

All About編集部は5月9~15日、全国10~60代の415人を対象に「King & Prince(キンプリ)」に関するアンケート調査を実施。歌がうまいと思う「King & Prince」のメンバーランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:「King & Prince」公式Instagramより)

5月22日をもって、岸優太さん、平野紫耀さん、神宮寺勇太さんの脱退が決定しているキンプリこと「King & Prince」。5人でのパフォーマンスを見られるのは、あと少しの間となります。
 

そんなキンプリは、どのメンバーも歌、ダンスともにレベルが高いことで有名。今回はAll About編集部が実施した「King & Prince」に関するアンケート調査の結果から、歌がうまいと思う「King & Prince」のメンバーランキングを紹介します。※調査期間:5月9~15日、調査対象:全国10~60代の415人
 

>5位までの全ランキング結果を見る

 

 

2位:岸優太

2位は、岸優太さんです。1995年生まれの岸さんは、グループでリーダーを担当。早くから俳優業で活躍し、King & Prince結成後は多くのバラエティ番組にも出演しています。『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)や『VS魂グラデーション』(フジテレビ系)などで活躍し、少し天然キャラでいつもすてきな笑顔を見せているのが魅力的です。
 

そんな岸さんは、歌番組やコンサートでは華麗な歌声を披露。安定感があり癖のない歌い方をする岸さんは、バラードからダンスナンバーまで器用に歌い分けます。ソロパートでは透明感のある歌声で、グループになくてはならない存在となっています。過去には、バラエティ番組『バナナサンド』(TBS系)に出演し、「ハモリ我慢ゲーム」に挑戦して美しい歌声を披露したこともあります。
 

コメントを見ると、「声に伸びがあります」(神奈川県/40代女性)、「音楽番組での生歌が良いから」(茨城県/20代女性)、「アカペラを聞いた際に、上手だと思いました」(北海道/20代女性)、「歌番組を見ていて一番安定しているから」(神奈川県/30代女性)、「ツキヨミのサビ前パートの歌唱力が凄まじい」(宮城県/30代女性)、「ソロパートも音を外すことなく、自分の歌い方がしっかりしている」(福島県/20代女性)といった声が寄せられています。
 

1位:平野紫耀

1位は、平野紫耀さんでした。1997年生まれの平野さんは、地元の名古屋でアーティストとして活動していた過去があります。その後、ジャニーズ事務所に入所すると、すぐに『SHARK』(日本テレビ系)や『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)に出演して、俳優として人気が拡大。その後も、映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』や、ドラマ『クロサギ』(TBS系)で主演を務めます。
 

多くのバラエティ番組にも出演している平野さんですが、歌、ダンスともにパフォーマンスのレベルが高いことで有名。少しハスキーな歌声が特徴的で、バラードでは独特な妖艶さを演出しています。ソロパートでも存在感のある歌声を披露しています。
 

コメントを見ると、「ソロパートの部分で、キンプリの中で1番上手いと思った」(兵庫県/30代男性)、「シンデレラガールの時の歌声が素敵」(愛知県/30代男性)、「センターで歌ってるイメージがあります」(埼玉県/40代女性)、「ハスキーボイスでビブラートも聞けるから」(福岡県/30代女性)、「いい声だなと思う」(兵庫県/30代女性)、「ソロで歌っているときに一番ききやすい」(長野県/20代女性)といった声が寄せられています。
 

>5位までの全ランキング結果を見る


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「King & Prince」の好きなメンバーランキング! 3位「永瀬廉」、2位「岸優太」、1位は?
「King & Prince」の好きなシングル曲ランキング! 3位「koi-wazurai」、2位「ツキヨミ」、1位は?
演技がうまいと思う「King & Prince」のメンバーランキング! 2位「永瀬廉」、1位は?
印象に残っている「King & Prince」のシングル曲ランキング! 1位は「シンデレラガール」、2位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】