岡副麻希アナ、第1子妊娠中の最新ショット公開! 早稲田卒の「いとおしき文女メンバー」らとの姿

フリーアナウンサーの岡副麻希さんが2月26日、自身のInstagramを更新。妊娠中の最新ショットを披露し、ファンからは温かい声が寄せられています。(サムネイル画像出典:岡副麻希さん公式Instagramより)

フリーアナウンサーの岡副麻希さんが2月26日、自身のInstagramを更新。第1子妊娠中の最新ショットを披露しました。

【実際の投稿:岡副麻希、妊娠中の最新ショット!】

同時期に妊婦になった親友と

岡副さんは「大親友えりかと」と書き出すと、同時期に妊婦になった親友と指でハートを作るショットなど、3枚の写真と動画を1本アップ。3枚目の写真は、互いの大きくなったおなかをさすり合うショットです。「いまどきのハートポーズ?を指南してくれる、いとおしき文女メンバー大好き!!」とコメントするように、岡副さんの出身大学である早稲田大学文化構想学部の親友らとのショットと思われます。

この投稿には、「最高すぎるツーショット」「ずっと楽しそう」「お腹が大きくなり目立つようになってきたね」「とても素敵な笑顔ですね」などの声が寄せられました。

「大切な大切な人の結婚式がありました」

また、同日の別投稿で岡副さんは、「今月は大学一年生のとき、必修の英語クラスが同じで仲良くなった大切な大切な人の結婚式がありました」と、髪を編み込み、黒いノースリーブのワンピース姿を披露しています。結婚式出席のシーンだったのでしょう。

「お互いマイナートラブルが絶えなくて、手放しで喜べるマタニティライフではないかもしれないけど この奇跡的な瞬間を記録にも残せてしあわせです」と、親友とのマタニティライフを語っている岡副さん。印象的な笑顔のショットが、これからも楽しみですね!
 
次ページ
岡副さんの近況ショットを見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない