「最高の組み合わせ」トラウデン直美&生見愛瑠、仲良しツーショット公開! 「バービー人形みたい」

ファッション誌『CanCam』(小学館)の公式Instagramが、2月15日に投稿を更新。専属モデルであるトラウデン直美さんと生見愛瑠さんが飾る表紙を公開しています。(サムネイル画像出典:『CanCam』公式Instagramより)

ファッション誌『CanCam』(小学館)の公式Instagramが、2月15日に投稿を更新。専属モデルであるトラウデン直美さんと生見愛瑠さんが飾る表紙を公開し、反響を呼んでいます。

【実際の投稿:トラウデン直美&生見愛瑠、仲良しツーショット!】

『CanCam』4月号の表紙で共演

22日発売予定の同誌4月号通常版の表紙を解禁した同アカウント。登場したトラウデンさんと生見さんについて「プライベートでもよく遊ぶ2人ですが、誌面での対談は意外にも初めてなんです」と明かしています。この春のトレンドカラー「ピンク」をテーマにした、淡い色合いのジャケットを羽織り、生見さんは超ミニ丈のコーディネートで太ももをちらりと披露。格好いい2人に見とれてしまいます。

「Cover Girlのページでは、より2人の仲のよさが伺える写真&インタビューもたっぷり!」とアピールする同アカウントの投稿には、「最高の組み合わせ」「甘めな服を着てるトラめるかっこいい」「バービー人形みたい」「超かわいすぎる」など、ファンから称賛の声が上がりました。

「トラめる」の愛称

生見さんは、発売中の同誌3月号通常版の表紙も務め、トラウデンさんとの仲良しぶりで「トラめる」の愛称もあるほど。レアな表紙ツーショットですが、今後「トラめる」での露出に期待が高まります。
 
次ページ
トラウデンさんと生見さんを見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない