ヒナタカの雑食系映画論 第71回

『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

公開中の映画『ボーはおそれている』は、『ヘレディタリー/継承』『ミッドサマー』のアリ・アスター監督最新作。その唯一無二ともいえる作家性と、作品の特徴を解説します。(C) 2023 Mommy Knows Best LLC, UAAP LLC and IPR.VC Fund II KY. All Rights Reserved.

ボー
『ボーはおそれている』 配給:ハピネットファントム・スタジオ 2024年2月16日(金)全国公開 (C) 2023 Mommy Knows Best LLC, UAAP LLC and IPR.VC Fund II KY. All Rights Reserved.
2024年2月16日より『ボーはおそれている』が劇場公開中です。

何よりの目玉は、アリ・アスター監督最新作であること。「21世紀最高のホラー映画」と絶賛された『ヘレディタリー/継承』、明るい場所での地獄のような体験をつづる『ミッドサマー』、どちらもSNSを中心に話題騒然となっており、今作も後述する強烈な作家性がはっきり表れていました。

さらに、主人公のボーを演じるのは、『ジョーカー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックス。今回は後述する「かわいそう」なキャラクターを全身全霊で演じ切っていることも大きな見どころなのです。

『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと

『ボーはおそれている』は、まったくもって「普通」の映画ではありません。少なくとも、以下の4点を承知のうえで見たほうがいいでしょう。

(1)ホラーというよりもブラックコメディー的な内容である
(2)性的な場面のためにR15+指定がされている
(なお、残酷描写もわずかにあるものの過去のアリ・アスター監督作に比べると控えめ)
(3)上映時間が179分とほぼ3時間なので事前のトイレは必須
(4)映画館で見ることを強くおすすめする


それぞれの理由を記しつつ、決定的なネタバレにならない範囲で、映画の特徴、いや唯一無二とさえいえる見どころ、そしてアリ・アスター監督作品に共通する作家性を記していきましょう。

「不思議の国のアリス meets 漫☆画太郎」的な不条理ブラックコメディーだった

本作の大筋の物語は「冴えない中年男性が怪死した母のもとへ帰省しようとする」というシンプルなもの。その道中では「わけの分からないこと」が立て続けに起こり、主人公・ボーはそれぞれに翻弄(ほんろう)され、ひどい目に遭いまくります。その様がはっきりと、かわいそうだけど笑ってしまうブラックコメディーとなっているわけです。
ボー
(C) 2023 Mommy Knows Best LLC, UAAP LLC and IPR.VC Fund II KY. All Rights Reserved.
例えば、序盤からボーは「母の元へと向かうために一刻も早く飛行機に乗らないといけない」状況になるのですが、住んでいるアパートの隣人の悪ふざけ……という犯罪行為に邪魔をされてしまい、その後もあれよあれよと、とんでもない事態が重なっていきます。

そのアパート付近で起こるおおむねの出来事は、「街に浮浪者や薬物依存者もいる、極めて治安の悪いところだから」で説明がつきそうでもあるのですが……時にはいい意味で「そんなことになるわけないだろ!」とツッコミたくなる事態も起こります。
 

それぞれの事態が「妄想」か「現実」かはっきりとせず、おかげで序盤からすでに頭がクラクラしてきますが、その後に起こる出来事はさらに不条理。約3時間の長い上映時間中、「ずっと悪夢を見ている」ような感覚にもなっていきます。

「主人公がめちゃくちゃな世界で冒険する」内容から児童小説およびディズニーアニメの『不思議の国のアリス』を連想しましたし、いい意味で唐突に露悪的なシーンを入れるギャグセンスは日本の漫画家・漫☆画太郎の作品を連想したほどでした。

筆者が試写会で見た時には、「ボーが母の怪死の理由を知る過程」や、「終盤の性行為の場面から起こるとんでもない事態」などで、観客席からいい意味での「失笑」に近い笑いが漏れていました。

これこそが、映画館で見てほしい大きな理由の1つ。現実ではとても笑えないけれど、フィクションの映画として提示されてこそ「起こることのひどさにも笑ってしまう」という、ほかの観客と共に、不条理な笑いに包まれる体験をしていただきたいのです。
次ページ
「何気なく映る」ものにも「意味」がある、徹底した作り込み
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは