実は金運を招く開運グルメ!? 横浜中華街で米粉を使ったつるんと新食感の「水餃子」を店舗限定で販売

旧暦のお正月「春節」で沸く横浜中華街では、2024年2月10日から「とやま米粉 水餃子&開運グルメ」フェアがスタートします。富山県産米粉を使った、水餃子やスイーツを16店舗で販売。

「とやま米粉 水餃子&開運グルメ」フェアで大注目の3つの絶品グルメ

公生和「マーラーカオ(中華カステラ)」(1カット、税込380円)
公生和「マーラーカオ(中華カステラ)」(1カット、税込380円)
老維新(ろーいしん)「獅子まん」(税込380円)
老維新(ろういしん)「獅子まん」(1個、税込380円)
馬さんの店龍仙 本店「米粉月餅」(1個、税込300円)
馬さんの店龍仙 本店「米粉月餅」(1個、税込300円)
記事に戻る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】