実は金運を招く開運グルメ!? 横浜中華街で米粉を使ったつるんと新食感の「水餃子」を店舗限定で販売

旧暦のお正月「春節」で沸く横浜中華街では、2024年2月10日から「とやま米粉 水餃子&開運グルメ」フェアがスタートします。富山県産米粉を使った、水餃子やスイーツを16店舗で販売。

旧暦のお正月「春節」で沸く横浜中華街では、2024年2月10日から「とやま米粉 水餃子&開運グルメフェア」がスタートします。なぜ横浜中華街で富山の米粉を使うことになったのか、水餃子が開運グルメとはどういうことなのか、メディア向けキックオフイベントで伺ってきました(画像は筆者撮影、一部提供)。

「とやま米粉 水餃子&開運グルメフェア」について

富山県産米粉を使った水餃子やスイーツが横浜中華街で楽しめる!
富山県産米粉を使った水餃子やスイーツが横浜中華街で楽しめる!

米どころ・富山県では2023年度、大消費地での同県産米粉の活用拡大を進めています。その第一弾キャンペーンが「とやま米粉 水餃子&開運グルメフェア」です。

2024年2月10日~24日の期間、横浜中華街のフェア参加16店舗で、富山県産米粉を活用した春節ならではの縁起の良いメニューが提供されます。

米粉を使った水餃子を食べて金運を呼び込もう!

澤園(じゃくえん)「水餃子」(6個、税込770円)
澤園(じゃくえん)「水餃子」(6個、税込770円)

縁起の良いメニューの1つが「水餃子」。その形から、昔の中国の貨幣(元宝)に見立てて「金運を招く食べ物」とされています。春節に食べると福をもたらす、縁起の良い食べ物だそうです。

今回のフェアでは、参加店舗のうち11店舗が富山県産米粉の皮を使った水餃子を開発。米粉ならではのもちもち・つるっとした食感が楽しめます。

桃源邨 本店「米粉水餃子」(6個、税込800円)
桃源邨 本店「米粉水餃子」(6個、税込800円)

キックオフイベントの会場となった「桃源邨(とうげんとん)本店」オーナーの鞠(きく)さんは、「グルテンフリーの米粉を使った皮はつるんと食べやすく、小麦粉を使った厚めの皮よりも軽く、いくつでも食べられます。当店自慢の自家製味噌(みそ)ラー油につけてお召し上がりください」とPR。同店では「米粉水餃子」6個税込800円で提供されます。

筆者も試食させていただきましたが、米粉の皮は薄めでつるっとした食感。国産豚肉とニラの餡はやさしい味わいで、本当にいくつでも食べられそうでした。

次ページ
限られた常連さんしか食べたことがない絶品スイーツも
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】