横浜中華街の夜空に龍が舞うイルミネーション「春節燈花」がスタート! 「龍活」で運気も上がる!?

横浜中華街で冬のイルミネーション「2024春節燈花」が2023年11月1日にスタート。「飛龍乗雲」をテーマに「百節龍」と「五十節龍」が舞うほか、ランタンオブジェも設置されます。

横浜中華街で冬のイルミネーション「2024春節燈花」が2023年11月1日にスタート。「飛龍乗雲(ひりゅうじょううん)」をテーマに「百節龍」と「五十節龍」が舞うほか、巨大なランタンオブジェも設置されます(画像は筆者撮影)。

横浜中華街「春節燈花」について

中華街大通りに登場した龍のランタン「百節龍」
中華街大通りに登場した龍のランタン「百節龍」

春節(しゅんせつ)」は、旧暦のお正月(今年度は2024年2月10日)を祝う中華のお祭りで、横浜中華街最大の行事でもあります。

その春節に向かって街全体でお祝い気分を高めていきたいと、2003年から横浜中華街全域で「春節燈花(しゅんせつとうか)」と名付けたイルミネーションを開始しました。

今年度は、2023年11月1日から春節の最終日となる2024年2月24日まで点灯します。点灯時間は16:00~23:00。

テーマは「飛龍乗雲」、龍を探す「龍活」を楽しんで

初日の点灯式にはおめでたい獅子舞が披露され来街者を喜ばせた
初日の点灯式にはおめでたい獅子舞が披露され来街者を喜ばせた

今年度のテーマは「飛龍乗雲(ひりゅうじょううん)」。舞い上がる龍の勢いを持って横浜中華街を盛り上げていこうとの思いが込められています。合わせて2024年は「辰年」であることから、より一層飛躍ができるようにとの期待も込められているとか。

担当者は「横浜中華街の街中には、龍があふれています。門や看板などに描かれている龍を探す『龍活』で運気を上げて、SNSに投稿してください」とPR。

次ページ
中華街に新たなフォトスポットが誕生!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化