松本人志休業でお笑い界はどうなる? 後任や今後の動きを元テレビ局スタッフが徹底予想!

ダウンタウンの松本人志さんが、芸能活動の休業を宣言してテレビ番組で見られなくなっています。今後、松本さん不在のお笑い界はどうなっていくのか? 元テレビ局のスタッフが予想していきます。(サムネイル画像出典:『水曜日のダウンタウン』公式Webサイトより)

水曜日のダウンタウン
『水曜日のダウンタウン』(画像出典:公式Webサイト
ダウンタウンの松本人志さんが、週刊誌報道による性加害疑惑により本格的な休業状態に入ります。松本さんがレギュラー出演していた番組は、休業宣言前に撮影していた回を消化し、次々と新しい形で放送をスタート。2024年2月に入ると、ほとんどが松本さんのいない番組として生まれ変わっています。

現代のお笑いを作り出したと言っても過言ではない松本さんが、ついにテレビから消えた……。そんな未来を、多くのファンだけでなく、テレビ業界に勤めるスタッフたちも思い描いていなかったことでしょう。各マスコミでは、松本さんの後任を探す動きがありますが、確実にテレビを中心とするお笑い界は大きな変革期に向かっています。

そんな中で、2024年にはお笑い界でどんな動きがあるのか、元テレビ局スタッフの筆者が予想していきたいと思います。

急ぎの対応を求められる松本人志レギュラー番組の数々

さまざまな番組に出演していた松本さんは、レギュラーだけでも『人志松本の酒のツマミになる話』『まつもtoなかい』(共にフジテレビ系)、『クレイジージャーニー』『水曜日のダウンタウン』(共にTBS系)、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』『ダウンタウンDX』(共に日本テレビ系)、『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ)を担当。

『IPPONグランプリ』『人志松本のすべらない話』(共にフジテレビ系)などの特別番組や、『M-1グランプリ』『キングオブコント』の審査員まで含めれば、今後もかなりの影響が出ることになります。

すでに、『まつもtoなかい』は、二宮和也さんを司会に迎え『だれかtoなかい』としてリニューアル。また、レギュラー放送ではないものの、松本さんがチェアマンを務めていた『IPPONグランプリ』は、2月3日に最新回が放送されバカリズムさんがチェアマン代理を務めました。
 
『人志松本の酒のツマミになる話』に関しては、タイトルを2月9日の放送から『酒のツマミになる話』に変更。当面は、松本さんの席に出演していた千鳥・大悟さんが座り、番組を進行することになりました。
 

代役は吉本芸人だけではない!

『水曜日のダウンタウン』や『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』をはじめ、まだ代役は流動的ですが、『まつもtoなかい』と『IPPONグランプリ』に関しては、吉本興業所属ではない芸人やタレントが、代わりに出演したことは注目すべきポイントです。
 
これまでのテレビ業界で言えば、出演タレントに穴があいた場合は、所属する事務所が同等のネームバリューを持つタレントを補填(ほてん)するのが通例でした。吉本興業には人気芸人が豊富なので、松本さんの代わりを務める人材は多いはず。なのに、二宮さんやバカリズムさんが松本さんの代わりに出演するのは少し違和感も。

今回の「代役」は、松本さんが抜けた穴を吉本芸人で埋めるのではなく、新しい形で番組作りをしようとテレビ業界がシフトチェンジしている様子がうかがえます。松本さんが休業するのは事実として受け止め、テレビ局スタッフが新しいものを作ろうと奮闘しているのだと筆者は認識しています。
次ページ
松本人志が抜けた穴はどうなる?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化