パリ在住・中村アナ、イケメン夫との手つなぎショット! 「こんな素敵なご夫婦でいいなってつくづく感じます」

フリーアナウンサーの中村江里子さんが1月24日、自身のInstagramを更新。イケメン夫との手つなぎショットを披露しています。(サムネイル画像出典:中村江里子さん公式Instagramより)

フリーアナウンサーの中村江里子さんが1月24日、自身のInstagramを更新。イケメン夫との仲良しショットを公開しました。

【実際の投稿:中村江里子、手つなぎショットに反響!】

「引っ張られている感がよく出ている写真」

フランス・パリ在住の中村さんは「寒くて、どんより曇り空だった日曜日」と書き出すと、「家族でひたすら歩いて移動 パリ市内では、何箇所かでデモがあり、警察車両によってあちらこちら車両通行止め。車のいない橋の真ん中を歩く!!」とコメント。

グレーとオレンジ色のマフラーに白いコート、バッグ姿で夫と手をつなぎ橋の上の車道を歩くショットを計6枚アップしました。紺色コートの夫とは対照的なコーディネートです。寒いながらも、手をつないで温かい夫婦ショットとなっています。

この投稿には、「引っ張られている感がよく出ている写真」「幾つになっても、仲良しですね」「仲良くて見てるこちらも幸せ」「昔からずっと憧れのご夫婦です」「こんな素敵なご夫婦でいいなってつくづく感じます」「笑顔な素敵夫婦」など、ファンから称賛の声が相次ぎました。

2023年9月に「結婚22年目を迎えました」

2023年9月19日の投稿では、「結婚22年目を迎えました。早いですね〜」と夫婦ショットをアップしていた中村さん。今後もすてきな夫婦&家族ショットを期待しています。
 
次ページ
中村さんの家族ショットを見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】