Mリーグで「優勝する」と思うチームランキング! 1位「KONAMI麻雀格闘倶楽部」、2位は?

2023年9月18日から行われている、「Mリーグ2023-24シーズン」について、All About ニュース編集部では独自のアンケート調査を実施しました。この記事では、Mリーグで「優勝する」と思うチームランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:KADOKAWAサクラナイツの公式Xより)

国内最高峰の麻雀ナショナルリーグ「Mリーグ」では、トッププロの雀士たちが熱い戦いを繰り広げています。2018年7月に発足した麻雀のプロリーグとなり、現在は高い人気を誇るプロ雀士たちが各チームに所属して、優勝を目指しているところです。

All About ニュース編集部は2023年10月17日~2024年1月18日、全国10~70代の男女128人を対象に「Mリーグ」に関するアンケート調査を実施。その中から、「Mリーグで優勝すると思うチーム」ランキングを紹介します。

>7位までの全ランキング結果を見る

2位:KADOKAWAサクラナイツ

2位は「KADOKAWAサクラナイツ」です。KADOKAWAによるチームで、「2019-20シーズン」を前にMリーグで8番目のチームとして設立。今シーズンは、森井巧さんを監督として、内川幸太郎さん、岡田紗佳さん、堀慎吾さん、渋川難波さんが参戦しています。

岡田さんは麻雀の強さとともに、現在はモデル業やタレントとしても大人気。男女問わず、高い人気を獲得しています。また、内川さんはリーダーとして、打牌の正確さと華麗さでファンを魅力。今シーズンは、実力を発揮しきれていませんが、巻き返しが期待されています。堀さんに関しては、鋭い読みと攻めの姿勢が魅力的で、毒舌キャラでファンを魅了中です。

渋川さんは「魔神」と呼ばれる強さを誇り、チームをまとめるムードメーカー。バランスが良いチームで、今シーズンは優勝が期待されています。

回答者からは、「チームメンバーに安定感がある」(富山県/30代男性)、「順位保持(キープや流れ)が安定している」(大阪府/60代男性)、「チームメンバー入れ替えの危機の今シーズンは、逆境に強いイメージの堀プロ・渋川プロが力を発揮すると思う」(北海道/30代女性)といった意見が挙がりました。

1位:KONAMI麻雀格闘倶楽部

1位は「KONAMI麻雀格闘倶楽部」でした。コナミアミューズメントによるチームで、麻雀ゲーム「麻雀格闘倶楽部」の名前を冠していることで有名。メンバーは佐々木寿人さん、高宮まりさん、伊達朱里紗さん、滝沢和典さんで常に高い人気を誇っているチームです。

佐々木さんは「魔王」の異名を持ち、圧倒的な攻撃スタイルを見せるプレーが魅力。もう1人の男性プロである滝沢さんは、イケメンで女性ファンも多く獲得しています。「麻雀バガボンド」のキャッチフレーズを持ち、テレビ対局で四暗刻であがるなど勝負強さを見せます。

また、高宮さんは、雀士とグラビアアイドルの二刀流として活躍中。おしとやかな雰囲気ながら、攻撃的な麻雀を打つことでギャップ萌えしているファンも多いことでしょう。伊達さんも二刀流として知られ、雀士と声優として活動しています。Mリーグでは抜群の勝負強さを見せ、これまで「年間最高スコア」「MVP」を獲得するなど大活躍を続けています。

回答者からは、「選手層が厚く、大勝する可能性がある選手が多いから」(宮城県/30代男性)、「メンバーが強いから。女流プロのレベルが他のチームより抜けていると思う」(兵庫県/20代男性)、「推しの魔王・佐々木寿人がいるし、ライバルである滝沢さんがいるので優勝は固い(と思いたい)」(神奈川県/30代女性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
7位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」