「自分は浪費家だ」と思う人が多い都道府県ランキング! 2位「熊本県」を抑えた1位は?

ソニー生命は、各都道府県100人ずつの20〜59歳の男女4700人を対象に「47都道府県別 生活意識調査」を実施。「自分は浪費家だ」と思う人が多い都道府県ランキングで2位の「熊本県」を抑えた1位は?

「自分は浪費家だ」と思う人が多い都道府県ランキング
「自分は浪費家だ」と思う人が多い都道府県ランキング
ソニー生命は、全国の20〜59歳の男女4700人(各都道府県100人)を対象に「47都道府県別 生活意識調査」を実施(調査期間:2023年11月2〜10日)。各都道府県民のマネータイプを探るため、全回答者にマネー関連の意識や状況について聞き、マネー関連の意識や状況としてあてはまると回答した割合から都道府県ランキングを作成しました。

今回は、その調査結果から「自分は浪費家だ」と思う人が多い都道府県ランキングを発表します。

>10位までの全ランキング結果を見る

2位:熊本県

2位は、「熊本県」でした。雄大な自然に囲まれ、豊富な泉質がそろうため湯巡りも人気の「黒川温泉」、大型活火山「阿蘇山」をのぞむ絶景スポットや2016年の熊本地震での被害から復旧作業が進み、全面リニューアルされた天守閣が復活した「熊本城」など、自然と歴史を堪能できる観光スポットが人気です。

“火の国”とも呼ばれる熊本県では、「肥後もっこす」のように頑固一徹、情に厚く義理堅い熊本県民の気質を表す方言があったり、情熱的で好き嫌いがはっきりしている女性を指して“火の国の女”と表現したりするなど、男女ともに情熱的な人が多いことで知られています。

1位:島根県

1位は、「島根県」でした。全国的に有名な“縁結び”のパワースポット「出雲大社」、世界遺産の「石見銀山」、国宝の「松江城」など、島根観光には外せない定番スポットのほか、シロイルカが人気の中国・四国エリア最大級の水族館「しまね海洋館アクアス」や出雲神話に関わる場所が多いことから「八重垣神社」や「須佐神社」をはじめとするパワースポット巡りも人気です。

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
10位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応