【全文掲載】松本人志、『週刊文春』の文藝春秋を提訴「請求額…5億5000万ってどういう計算なんだろう」

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんが所属する吉本興業は1月22日、公式Webサイトで「お知らせ」を掲載し、松本さん個人による提訴を明らかにしました。(サムネイル画像出典:松本人志さん公式Xより)

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんが所属する吉本興業は1月22日、公式Webサイトで「お知らせ」を掲載しました。松本さんが文藝春秋を提訴するようです。

【実際の投稿:松本人志、文藝春秋を提訴】

「決着まで数年レベルかな?」

「当社所属タレント 松本人志に関するお知らせ」との題で、松本さんが『週刊文春』を発行する文藝春秋を提訴すると発表。「当社所属タレント 松本人志の代理人弁護士より、本日、令和5年12月27日の一部週刊誌報道に関し、訴訟を提起した旨の連絡を受けましたので、お知らせ致します」とのことです。松本さん個人による提訴で、一部報道では請求額は約5億5000万円と明かされています。

また「本件につきましては、係争中の案件となりますので、当社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます旨、予め申し添えさせていただきます」と詳細については語らず、「以下、松本人志の代理人によるコメント全文を記載いたします」と、松本さんの代理人である八重洲総合法律事務所の弁護士・田代政弘氏のコメントを掲載しました。

提訴のお知らせ

本日、松本人志氏は、株式会社文藝春秋ほか1名に対して、令和5年12月27日発売の週刊文春に掲載された記事(インターネットに掲載されている分も含む)に関し、名誉毀損に基づく損害賠償請求及び訂正記事による名誉回復請求を求める訴訟を提起いたしました。

今後、裁判において、記事に記載されているような性的行為やそれらを強要した事実はなく、およそ「性加害」に該当するような事実はないということを明確に主張し立証してまいりたいと考えております。

関係者の皆様方にはご心配・ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

松本人志氏 代理人
八重洲総合法律事務所
弁護士 田代政弘


ネット上では、「もうイメージが悪すぎてスポンサー離れちゃったから長い裁判終わったとしても復帰は厳しそう…」「結果が気になる」「動き出しましたね 今後どうなるかな…」「立証が難しいから何年もかかりそう」「請求額…5億5000千万ってどういう計算なんだろう」「決着まで数年レベルかな?松ちゃん復活も数年レベル?」など、さまざまな声が上がっています。

活動休止中の松本人志さん

2023年12月下旬に『週刊文春』により報道された松本さんの性加害疑惑。その後、松本さんは自身のX(旧Twitter)を更新し、“反論”するも、2024年1月9日のポストを最後に活動を休止しました。
 
画像出典:吉本興業公式Webサイト
画像出典:吉本興業公式Webサイト
次ページ
活動休止前最後のポストも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」