戦慄かなの、無期限活動休止を発表「気付いたら何もできない身体に」

タレントの戦慄かなのさんが、SNSを通じて活動休止を発表しました。(サムネイル画像出典:戦慄かなのさんInstagramより)

タレントの戦慄かなの(以下、かなの)さんが1月20日、自身のInstagramを更新。活動休止を発表しました。
 

【実際の投稿:戦慄かなの、無期限活動休止へ】

「仕事や生活が手につかなくなって」

かなのさんは「【活動休止のお知らせ】」と題した文章を画像で公開。「体調不良により本日1/20をもちまして、ソロ、femme fatale、悪魔のキッスのライブ活動を全て無期限で一旦休止とさせていただきます」と、タレント、音楽ユニット、アイドル活動の休止を公表しました。
 

また、投稿本文では「今日までずっと駆け抜けるように活動していましたが、一年前くらいから何もやる気が起きなくなり仕事や生活が手につかなくなっていきました」「私の生きがいはライブや音楽活動、それを表現するための全ての可愛いものを作ることで、それに集中できない環境に身を置いていることがどんどんストレスになっていき、気付いたら何もできない身体になっていました」と、休止に至る経緯も明かしています。

活動休止は「自分を取り戻す期間にしたい」

一方で、「活動休止中は治療に専念し、活動再開に向けて色んなことを準備したり自分を取り戻す期間にしたいと思っています」と、復帰に向けて前向きなコメントも発信。なお、Instagramのストーリーズについては「今まで通りたまに更新したい」として、「絶対に生きてまたみんなと会いたいです。いつも応援してくれてありがとう」とファンにメッセージも送りました。
 

この投稿にはタレントの小原ブラスさんが、「まったりな。急がず焦らず」とコメントを寄せたほか、ファンからは「また会える日を楽しみにしています」「ゆっくり休んでね」「ずっとかなのちゃんの味方」「何歳になっても待ってる」など、温かい声が寄せられています。

別投稿では意味深な内容も……

同日、本投稿の直前には「自分は生きてていい人間だって思ってるお前らの方が私からしたら病気なの」とつづり、自身のソロショットなど3枚の写真も投稿していたかなのさん。「時々ストーリーで苦しい気持ちを見せてくれていたから、休止という道を選んでくれたこととても安心しました」「なんか少し分かる気がする」「かなのちゃんが想ってる以上にみんな大切に思ってるよ」などの声が寄せられ、反響を呼んでいました。
 

次ページ
「お前らの方が私からしたら病気なの」別投稿もチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】