「お尻は盲点でした」第1子妊娠中の鷲見玲奈、妊婦ならではの悩みを明かす。グラビアショットで説明

第1子を妊娠中のフリーアナウンサー・鷲見玲奈さんが、1月16日に自身のInstagramのストーリーズを更新。妊婦としてのリアルな悩みを明かし、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:鷲見玲奈さん公式Instagramより)

第1子を妊娠中のフリーアナウンサー・鷲見玲奈さんが、1月16日に自身のInstagramのストーリーズを更新。妊婦としての悩みを明かしました。

【実際の投稿:鷲見玲奈、妊娠中のリアルな悩み】

「できるのここかーーーい!!!」

鷲見さんは「ショック 妊娠線できてた」とつづり、1枚の写真を投稿。「グラビアから引っ張ってきた」という写真に赤字でお尻のあたりに「ここ」と矢印を伸ばして、「お腹は気を付けて保湿してたんだけどお尻は盲点でした 横は保湿してたのに…できるのここかーーーい!!!」と、妊婦としてのリアルな悩みを明かしました。

鷲見さんは続けてストーリーズを更新。同じような悩みを持つフォロワーから寄せられたコメントをいくつか公開しています。その中には「子供を身篭った足跡を愛してくれる旦那さんに育てる方が、メリットが多いですよ」という声もあり、これに対して鷲見さんは「違うのよ!!!!! 夫が良くても自分が気になるの笑」と、女性としての赤裸々な声をつづりました。

2023年10月に妊娠を発表

鷲見さんは2022年1月に一般男性と結婚したことを発表し、2023年10月には第1子の妊娠を明かしました。Instagramでは時折妊娠中の生活について投稿しているので、気になった人はぜひチェックしてみてください。
 
画像出典:鷲見玲奈さん公式Instagram(@sumi__reina)
画像出典:鷲見玲奈さん公式Instagram(@sumi__reina
【鷲見玲奈さんの写真集をチェック!】
次ページ
鷲見玲奈さんの妊娠中の生活についての投稿をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応