上沼恵美子、松本VS.文春を斬る。魂震わす浪花節に、「グッとくる」「まっちゃんに届いてほしい」

タレントの上沼恵美子さんが、松本人志さんの性加害疑惑について言及。ネットでは、「泣いちゃった」「めちゃめちゃいい事言ってる」と話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:Tver)

画像出典:TVer
画像出典:TVer

タレントの上沼恵美子さんが1月14日に放送された『上沼・高田のクギズケ!』(ABCほか)の番組内で、『週刊文春』(文藝春秋)が松本人志さんの性加害疑惑を巡り報じた内容について言及。その内容がネット上で話題に。同番組内より、その一部とネットの声を紹介します。
 

【YouTubeも始めた上沼、古舘伊知郎との舌戦も動画で公開】

「吐きそうになったの」「脇が甘かったな」

上沼さんは、「こんなことを文春さんに書かれるという事は何にもなかったわけじゃない。で、その詳細を見てみますとね、私一応なんぼ年いってても私女やってるんで吐きそうになったの。その行為がね」「ちょっと気緩み過ぎてたかな。周りも悪かったんやろなと思う。やっぱり脇が甘かったな」と、女性としての立場、そして同じ芸人としての立場からこの問題をバッサリ斬りました。
 

続けて、「あなた30年トップやねん。ちょっと気緩み過ぎてたかな。周りも悪かったんやろなと思う。やっぱり脇が甘かったな。記事が事実だったらですよ」とも指摘しています。

「後輩のために頭を下げてくれた人やんか」

さらに、2018年の『M-1グランプリ』(ABC/テレビ朝日系)で上沼さんが審査員を務めたことに暴言を吐いた、とろサーモンの久保田かずのぶさんと、スーパーマラドーナの武智さんのために、『上沼・高田のクギズケ!』の上沼さんの楽屋まで松本さんとマネージャーが謝罪に来たエピソードも披露。
 

「あなたは後輩のために頭を下げてくれた人やんか。そんな立派な人格者ですやんか」「ちゃんと後輩思いの。やっぱり、リーダーの方ですよ」とたたえつつ、「夜の遊びやから違いますねんと。舞台と仕事とは違うです、夜ははめ外すんですよって思ってたらそこは違うねんな。こんな日本一を30年も続けてる人っていうのは、自分の人生じゃないのよ。そんな気がすんねん。やっぱそれは、改めないといけない」「注意をする人に恵まれなかったんやろな」「超一流の人間やのに、なんや遊びは三流以下やったね」とコメントしました。

休業に反対「あなたがこの世界からいなくなるのはかなわん」

また、休業に入った松本さんへ「2~3年活躍するのも大変な世界」「昭和の時代もネットの時代もダウンタウンっていうのはちゃんと波に乗って、君臨してちゃんとやってきてる方なんでね。休業っていうことは引退につながりますよね。そんなことでいなくならんといてよ。もう、イメージダウンはしてる。あなたがこの世界からいなくなるのはかなわん。ずっと強い応援をしてきたフアンの方とかあなたのすごい魂みたいなものは、そうそういないですよね。私はすごい方やと思いますね」「裁判のために休業しますっていうのはそら詭弁(きべん)や思います」と、休業撤回を望む声を上げています。
 

続けて、「休業宣言なんて絶対せんといてください。ましてや引退なんてもってのほか。あなたは、お笑いの世界を……うん、何て言うのかな。核におるわけ」とも話し、休業や裁判を起こすという行為について、「ちっちゃい。堂々としとってください」と“上沼節”を浴びせました。
 

ネット上では、「泣いちゃった」「ほんまに真っ直ぐで好きや…」「今、一番正しい松本人志に対する評価だと思う」「めちゃめちゃいい事言ってる」「ここまで忖度無しではっきり言う上沼恵美子が引退しなくて本当に良かった」「誰よりもいいこと言ってる」「まっちゃんへのコメントはグッとくるなぁ」「まっちゃんに届いてほしい」など、大きな反響を呼んでいます。
 

14日に放送された『上沼・高田のクギズケ!』は現在、TVerで公開中です。全容が気になる人は、ぜひ動画をチェックしてください。
【上沼恵美子さんの本をチェック!】

次ページ
上沼さんと古舘さんの舌戦、紅白裏話の動画もチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化