清水翔太、“オレオレ詐欺で逮捕”のデマ情報に苦言。 「大事になる前に消した方がいいと思います」

歌手の清水翔太さんが、1月15日に自身の公式Xを更新。SNS上で出回っている虚偽の情報に対して注意を促し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:清水翔太さん公式Xより)

歌手の清水翔太さんが、1月15日に自身の公式X(旧Twitter)を更新。SNS上で出回っている虚偽の情報に対して言及しました。

【実際の投稿:清水翔太、悪質“デマ”投稿に苦言】

「これ立派な名誉毀損だよね!!!」

清水さんはアカウント名を隠す配慮をした上で、「速報! 清水翔太がガールズバー経営して、オレオレ詐欺もやって逮捕されたって!(ホント)」という投稿のスクリーンショットを公開。13日に同姓同名の清水翔太容疑者が逮捕されたと報じられ、それを利用したフェイクニュースのようです。

自身の写真も使用された悪質な投稿に、清水さんは「アカウント隠す義理もないんですけど、大事になる前に消した方がいいと思います、、」と、苦言をつづりました。

ファンからも「人の名前を使ってこういうような広め方するの嫌ですよね」「ほんと迷惑は辞めてほしいです」「フェイクニュース消す機能付かないかな」「これ立派な名誉毀損だよね!!!」「SNSの使い方間違ってる。昨日通報しました」など、怒りの声が多く寄せられています。

投稿を削除

清水さんは今回の投稿の直後にも公式X(旧Twitter)を更新。当該投稿は削除されたようで、「削除してもらえたようなので、僕も消しておきましたあ」とつづりました。清水さんの対応の速さもさすがですね。
画像出典:清水翔太さん公式X(@sshota0227)
画像出典:清水翔太さん公式X(@sshota0227
【清水翔太さんの楽曲をチェック!】
次ページ
「削除してもらえた」と報告した投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化