2023年放送の「脚本が良かったテレビドラマ」ランキング! 圧倒的1位は『VIVANT』、では2位は?

All About ニュース編集部は「2023年放送テレビドラマ」に関するアンケート調査を実施。「脚本(ストーリー)が良かったと思う2023年放送テレビドラマ」ランキングの結果は?(サムネイル画像出典:『VIVANT』公式Instagramより)

ドラマの設計図ともいわれる脚本は、作品の要です。サスペンスやラブコメディーなど、2023年のドラマもさまざまなジャンルのストーリーが展開されました。

All About ニュース編集部は12月15~21日の期間、全国10~70代の男女220人を対象に「2023年放送テレビドラマ」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「脚本(ストーリー)が良かったと思う2023年放送テレビドラマ」ランキングを紹介します!

>9位までの全ランキング結果

2位:『らんまん』


2位にランクインしたのは、2023年度前期のNHK連続テレビ小説『らんまん』です。脚本は初の朝ドラ脚本執筆となる、長田育恵さんが務めました。

植物学者である牧野富太郎という実在する偉人をモデルに、主人公が経験したあらゆる苦労が最後に報われるサクセスストーリー。神木隆之介さん演じる万太郎と、浜辺美波さん演じる妻・寿恵子の変わらない夫婦の在り方も見どころの1つです。

最終話では3206種の植物図鑑が完成し、タイトルも回収する感涙のラストに。ネット上でも「らんまんロス」に浸る視聴者が続出しました。

回答者からは「大河ドラマはあまり見ないのですが、江戸時代のことがもっと知りたくなった」(30代女性/愛知県)、「自然と引き込まれるような世界観だった」(20代女性/石川県)、「ドキドキしながら見れたので」(30代男性/熊本県)といったコメントが寄せられています。

1位:『VIVANT』


1位にランクインしたのは、7月期の日曜劇場『VIVANT』(TBS系)です。過去に日曜劇場で『半沢直樹』シリーズなどのヒット作を生み出した、福澤克雄監督が原作と演出を担当しています。

本作は豪華すぎる俳優陣と、壮大なスケールで行われたモンゴルロケが話題となりましたが、最も注目を集めたのは重厚なストーリーと謎が謎を呼ぶ展開。

シークレットキャストの登場など、毎週のようにサプライズが盛り込まれており、伏線や深まる謎を考察しようとSNS上でも大いに盛り上がりました。

回答コメントでは「毎回ハラハラして1週間が待ちどうしかった」(40代女性/石川県)、「最初から最後まで全てが良かった」(20代女性/北海道)、「様々な伏線や先の読めない展開に魅了されたから」(20代女性/千葉県)などの声が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】