嵐の再稼働はあるか? 「忖度」がなくなった旧ジャニーズタレント、2024年の動きを予測

性加害問題で揺れた旧ジャニーズ事務所の騒動を振り返りながら、2024年4月に「STARTO ENTERTAINMENT」が本格始動する中で、各タレントがどんな活動をしていくのか予想します。

嵐の再稼働は? タレントたちの動きを予測

さて、「STARTO ENTERTAINMENT」も4月から本格始動するということで、2024年、主要なグループはどうなっていくのでしょうか? 社長の福田氏は、自身の会社「スピーディ」では、アート事業などで革新的なプロジェクトを次々と実現。仕掛け人として知られ、「STARTO ENTERTAINMENT」でも、さまざまな取り組みを行うことが予想されます。福田氏の経歴を見れば、旧ジャニーズタレントは、これまで以上に多種多様な場面で活躍しそうです。

では、筆者が注目するいくつかのグループを、2023年12月末時点で分かっている情報を基に、どんな活動をしていくのか予想していきます。

■嵐
二宮さんは独立を選択しましたが、2024年はグループとしてデビュー25周年を迎えます。二宮さんも独立の際、嵐のメンバーであることは変わらず、活動再開したら「一緒にやっていく」と表明しています。それだけに、記念イヤーには何かしらの動きが予想されます。中でも注目すべきは、2020年のグループ活動休止から芸能活動を行っていない大野智さん。社長の福田氏が、どんな手腕で記念イヤーを演出するのか期待が寄せられます。

■関ジャニ∞
2024年にデビュー20周年を迎えることで、嵐同様に大規模な動きが予想されます。2024年1月24日には、シングル『アンスロポス』をリリース予定。アリーナ&ドーム公演の開催も発表しており、メンバーの個人仕事も含めさまざまな動きがありそうです。新会社が4月に本格始動する中で、中核になるグループとして何かサプライズがあるかもしれません。

■King&Prince
現在2人体制で活動するKing&Princeは、2023年12月31日に生配信の『King & Princeとおおみそか』を実施。また、2023年は2人で行った初の全国ツアー『King & Prince LIVE TOUR 2023 ~ピース~』も大盛況だっただけに、新たな大規模会場でのコンサートが行われそうです。また、永瀬さんは『厨房のありす』に出演しますが、演技力の高い高橋海人さんの出演作も期待されます(※高は「はしごだか」)。

■Snow Man
2023年12月31日には、YouTube生配信『Snow Man Special Live~みんなと楽しむ大晦日!~』を配信。ダンスパフォーマンスに定評があるだけに、2024年はどんなツアーやコンサートを演出するのか楽しみです。また、メンバーは1月期からドラマに引っ張りだこ。中でも注目なのは、俳優として躍進する目黒蓮さんが、どんな作品に登場するかです。グループ躍進の鍵を握ることになりそうです。

■SixTONES
すでに、初の4大ドームツアー『VVS(バイブス)』が2024年2月から決定しているSixTONES。このツアーの中で、何か大きな発表もありそうな予感です。個人のメンバーもドラマや映画への出演が期待され、躍進の年になる可能性大です。

■なにわ男子
2023年はグループとしてさまざまな事がありましたが、来年の鍵を握るのは早々に放送される道枝さんの『マルス-ゼロの革命-』です。期待度も高い作品で、俳優としてステップアップする道枝さんに注目。さらに、2023年7月には中国のSNS「Weibo(微博)」で公式アカウントを開設しているだけに、新会社の後押しでアジア展開の兆しがあるかもしれません。

激動の2023年をくぐり抜け、新たな年を迎える旧ジャニーズ事務所のタレントたち。ファンが危惧したように、テレビから「干される」ことは無さそうですが、どんな活動を行うのかは不明です。ただ、1つ言えるのは、今回の性加害問題により、テレビ局の忖度(そんたく)はなくなり、年末の大型歌番組でも特別扱いされることはありませんでした。そんな中で、各メンバーがK-POPグループなど、レベルの高いアーティストと競い合う機会も多くなっています。

ある意味でこれまではテレビに過保護に扱われていたグループが、殻を破り更に飛躍する年になる可能性が大。2024年は、また新たな魅力を各タレントが見せ、ファンを喜ばせる年になってくれることを願います。
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない