トライストーン所属の「今後の活動に期待している俳優」ランキング! 2位「小栗旬」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部は、全国285人を対象に「トライストーン所属の俳優」に関するアンケート調査を実施。「トライストーン所属のこれからの活動に期待している俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像:日本テレビ開局70年特別番組『THE MYSTERY DAY』公式Instagramより)

多くの人気俳優が所属している芸能事務所「トライストーン・エンタテイメント」。2023年は小栗旬さんが社長に就任して話題となりました。

All About ニュース編集部は10月16日~12月18日の間、全国の10~60代の285人を対象に「トライストーン所属の俳優」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、「トライストーン所属のこれからの活動に期待している俳優」ランキングを発表します。

>10位までの全ランキング結果を見る

2位:小栗旬

2位に入ったのは、小栗旬さんです。

子役から活動をスタートした小栗さんは、これまでさまざまな人気作に出演してきた人気実力派俳優。2023年は事務所の社長にも就任し、さらなる活躍が期待されています。2024年は映画『キングダム 大将軍の帰還』の出演に加え、オムニバス映画『MIRRORLIAR FILMS Season6』では浅野忠信さんと共に監督を務めます。

回答者からは、「いつまでも同性から憧れる存在でいてほしい(20代男性)」「結婚してから恋ドラマなどに出なくなってしまったのでもっと出て欲しい(20代女性)」「社長になられ、責任感など多くのプレッシャーがあるかと思うが彼なら次世代の上に立てるのではないかという大きな期待が持てる為(40代女性)」などの理由が寄せられました。

1位:赤楚衛二

小栗さんを抑え1位を獲得したのは、赤楚衛二さんでした。

2015年にドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)などの作品に出演すると、その後はテレビCMやバラエティ番組、舞台にも出演して注目を浴びました。2023年はドラマ『こっち向いてよ向井くん』(日本テレビ系)や映画『ゾン100 ゾンビになるまでにしたい100のこと』で主演に抜てきされ、2024年公開の映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』では坂本龍馬を演じます。回答者からは、以下のようなコメントが集まりました。

「去年以降、主演ドラマなど活躍が目立つので、ますます色んな映画やドラマに出てくれるのではと思うから(30代女性)」

「これからどんどん主役級のドラマに出てきそう(50代女性)」

「ナイーブな役どころなどが多かったけど、今度は強気な男や凶悪犯なんかも演じてたら面白いかもしれない(40代男性)」

「まだまだ若いので、これから年齢を重ねてどうなっていくか楽しみだから(30代女性)」

「NHKの朝ドラ『舞い上がれ』で初めて目にしたが、精神的に弱っているときの演技なんて上手でした。別の情報番組でトークしている時をみたらまったくイメージと違ったキャラクターで、今後成長の幅があると感じた(40代女性)」


※回答コメントは原文ママです
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】