人気YouTuberのタケヤキ翔、未破裂脳動脈瘤の定期検査の結果を聞いた“オカン”「ヒヤヒヤする」

人気YouTuberのタケヤキ翔さんが「年の瀬の恒例行事」という脳の定期検査を受けに病院へ。「今年もずっと心配でした」という声も上がっていますが、タケヤキさんに何が?(サムネイル画像出典:タケヤキ翔さん公式Instagramより)

YouTuberのタケヤキ翔さんが12月21日、YouTubeチャンネル「タケヤキ翔/ラトゥラトゥ」で動画を更新。『最後に脳の病気について』と題した動画を公開しました。
 

【実際の動画:タケヤキ翔、脳にできた「コブ」の定期検査へ】

「脳に異常が見つかって」

タケヤキさんは動画内で、3~4年前に人間ドッグを受診した際、「脳に異常が見つかって、それがなんかコブなんよ」と話しました。その「コブ」の正体は、未破裂脳動脈瘤。現在は経過観察中で、「12月の時期になったら定期検診しに行って そのコブが大きくなってないか」をMRIで検査していると言います。今回の動画は、その検査を受けに病院へ赴くという内容です。
 

続けて、「コブが破裂するのをくも膜下出血っていう みんながよく聞く病気でそれになったらね 死亡の確率がね ほぼ8割9割って言われてるから…」と言うタケヤキさん。院内に入ると検診衣に着替えてMRI検査を受け、そして問診へ。医師から、「動脈瘤2mmぐらいのちっちゃいやつ サイズは変わりなさそう」と、ホッとする回答が。ほかの場所に動脈瘤ができていないか調べてもらったものの、「出来てる様子は無し!」とのこと。くも膜下出血を起こした形跡もなく、今のところは経過観察続行となり、また来年末に検査となりました。

「ホントによかった」オカンの言葉

病院を後にしたタケヤキさんは実母を車に乗せて、自身の会社の忘年会会場へ移動します。車中でタケヤキさんと目元がそっくりな「オカン」は検査結果を聞いて、心底安心した様子。「良かったホントによかったもう… いつもなんかヒヤヒヤする聞くまで」と、両手で顔を何度も押さえました。母の愛を感じるシーンです。
 

ファンからは、「毎年ちゃんと検査してくれるから、安心してホッとする」「本当にお母さんの気持ちわかるわ」「病気、悪化していないようで何より」「今年もきちんと病院行ってくれて報告動画撮ってくれて嬉しい!」「何事もなく良かった」と、安堵(あんど)の声が寄せられました。

2022年12月にもMRI検査を受ける動画を公開

タケヤキさんは2022年12月31日に『最後に病気についてお話しします』と題した動画を、同チャンネルで公開。MRI検査を受けに病院へ行く動画を投稿していました。2024年の検査でも、「問題がなかったよ」と報告されることを祈りたいですね。
 

次ページ
関連動画や投稿もチェック!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】