水溜りボンド・トミー、誹謗中傷には「自分もコメント欄も守るために戦っていかなきゃ」法的措置も視野に

水溜りボンドのトミーさんが、心ない誹謗(ひぼう)中傷コメントに対しての自身の考えを動画で話し、「こんな風に注意できるトミーの人間性ホント好き」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:「とみビデオ」)

水溜りボンドのトミーさんが12月19日、YouTubeチャンネル「とみビデオ」でショート動画を更新。誹謗(ひぼう)中傷に関して苦言を呈しました。
 

【実際の動画:水ボン・トミー、誹謗中傷には「戦っていかなきゃ」】

誹謗中傷コメントに「全然面白くない」

トミーさんは、たまに寄せられるというアンチコメントについて言及。「時間もお金も凄いかかるっぽくて 開示請求とか損害賠償とかもちろんしないできたんですけど これから先は自分もコメント欄も守るために戦っていかなきゃなと思っています」と、法的措置も視野に入れていることを示唆するコメントを発しています。
 

続けて、「もちろんふざけてコメントする分には良いんですけど 明らかな誹謗中傷とか他の視聴者さんがテンション下がっちゃう言葉とか 全然面白くない。なんでこれからはやめてください」と、アンチコメントに関して注意喚起をしました。トミーさんはほぼ全てのコメントに目を通しているようで、「嬉しいコメントには助けられてます」とも話しています。
 

ファンからは、「自分を大事に、周りを大事にしてくれてありがとう」「大好きなトミーにそんなコメントが来てることに悲しくなった」「誹謗中傷を こんな風に注意できるトミーの人間性ホント好き」「自分が言われて嫌なことは相手にも言わないで欲しい」「動画のコメント欄も守っていきたいって言ってくれるのめちゃんこ嬉しい」など、さまざまな声が寄せられています。

4月にもコメントについて言及していたトミーさん

トミーさんは同チャンネルで4月26日にも、誹謗中傷に関するショート動画を公開。自身が「豚」とコメントで言われた件について、「僕の体脂肪率が29%なのに対し 家畜の豚の体脂肪率は14~18%だそう」と話し、豚に「大変失礼」とアンチコメントを笑いに変えつつも、「できたら意地悪すぎるコメントとか 他のコメントしてる人が嫌な気持ちになるコメントはしないで欲しい」と呼びかけていました。
 

次ページ
「とみビデオ」の人気ショート動画もチェック!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在