「集団登校」って意味ある? 面倒で脱落者も相次ぐ小学生の登校、子どもや保護者はどう感じているのか

小学生の「集団登校」。集団登校に関わるトラブルや付随する仕事など、保護者の負担や面倒なことも多く、脱落者が出る地域もあるようです。埼玉県在住・3児の母である筆者が、周りの保護者から聞いた「集団登校」にまつわる本音の数々を紹介します。

集団登校のストレス1:集合時間にそろわないことも

長期休みを除いて、夏でも冬でも雨の日でも、毎日同じ時間に集合するというルーティンは、大人にとっても至難の業。小学生にしてそれを成し遂げる子どもたちに平伏します。

とはいえ、3分前には必ず姿勢よく立って待っている子もいれば、いろいろな荷物を両手に抱えながら集合時間ギリギリに来る子、1度集合したものの週に1回は忘れ物を取りに戻る子など、十人十色の個性が見られる朝のわずかな数分間。

わが家の息子は6年生で班長を任されたときでさえ、時計を1度も見てないんじゃないの……というぐらいマイペースさで(実際見ていない)、毎朝全員が並んで班長の到着を待っている状態。1年生に「班長はいつも遅いんだよなぁ~」とぼやかれ、毎朝息子をまくし立てて動かすことに奮闘していました。待たされている子どもたちは毎日ストレスフルな朝を迎えていたわけで……いまだに思い出すたび申し訳ない気持ちになってしまいます。

集団登校のストレス2:歩くペースが遅いとみんなのさらし者に?

新1年生が、大きく重たいランドセルを背負って歩く姿がほほ笑ましい4月ですが、当の本人は登校班についていくのに必死です。班長は新1年生がちゃんとついてきているかを見ながらスピードを調整し、慣れてくるまで保護者も見守ります。

中には、新1年生でなくても歩くスピードがゆっくりのお子さんもいます。製品自体は年々軽量化されているはずなのに、パソコンやiPadなども持ち運ぶ現代の子どもたちのランドセルの総重量は相当のもの。時には習字道具や絵の具、水泳バッグなどを肩から下げた状態で、一刻も早く学校に着きたいと思うのは至極当然のこと。そうなると中には、ゆっくり歩く子にいら立ちを感じる子どもが出てくることも。

過去には、子どもが母親に愚痴をこぼしたのか、見送り当番の保護者が気付いたのか、登校班の親のグループLINEで「Aさんの歩くペースを踏まえて、列の並び順を変えてスピードアップできるかどうか試してみます」など、名指しで連絡が入ったことがあり、Aさんの保護者は「別に悪いことをしたわけではないのに、子どもがさらし者になったようで嫌だった」と話してくれました。
次ページ
集団登校に付随する「保護者の負担」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは