M-1グランプリの「信頼できる歴代審査員」ランキング! 2位の「礼二(中川家)」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部で全国10~60代の381人を対象にアンケート調査を実施。「M-1グランプリの信頼できる歴代審査員」をランキング形式で紹介します!(サムネイル画像出典:礼二さん公式Instagramより)

日本一の若手漫才師を決める大会、M-1グランプリ。2023年の優勝者は誰になるのか話題になっています。

そこで、All About ニュース編集部は11月21日~12月14日の期間、全国10~60代の381人を対象に、M-1に関するアンケート調査を実施。今回はその結果の中から「信頼できる歴代審査員」をランキング形式で紹介します!

>13位までの全ランキング結果を見る

2位:礼二(中川家)

2位にランクインしたのは、中川家の礼二さん。

実の兄である剛さんとコンビを結成。M-1グランプリでは第1回大会である2001年に出場して、見事初代チャンピオンに輝きました。2015~2022年まで8大会連続で審査員を務め、17日には『M-1グランプリ2023』の審査員の続投が発表されました。

選んだ人からは「コメントや点数に納得がいくから」(30代女性/香川県)、「生涯漫才師として活動しているので信頼性がある」(30代男性/千葉県)、「初代のチャンピオンで、現在でも舞台で漫才をやっているから」(20代女性/大阪府)、「いつも細かい所まで審査していてどこがダメでどこがいいか一素人にもわかりやすい採点をしてくれるから」(20代女性/兵庫県)といったコメントが集まりました。

1位:松本人志(ダウンタウン)

1位に輝いたのは、ダウンタウンの松本人志さん。

言わずと知れたお笑い界のレジェンド芸人であり、漫才においても相方の浜田雅功さんと共に、革新的なスタイルを確立。M-1の審査員紹介では「漫才の歴史は彼以前、彼以後に分かれる」と評されています。

選んだ人からは「選ぶ時いつもまっちゃんと一緒のコンビになるから」(20代女性/大阪府)、「松本さんがずっと面白いから。大変だと思うけど審査員はずっと続けてほしいなと思う」(50代女性/東京都)、「審査員の顔ともなっているし、面白い時はしっかり点数高くつけてくれる平等さを持っている」(20代女性/愛知県)、「他の大会の審査員もやっているし、コメントなどをきいていても、いろいろな方向性の笑いを全部受けいれて評価できる度量があるようで、そこを信頼している」(50代男性/新潟県)といったコメントが集まりました。
次ページ
13位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」