平フラ、YTFFでオリジナル曲『スーパーヒロイン』を初披露。YouTube Japan公式も「最高のステージ」と絶賛

人気YouTuber・平成フラミンゴの2人が12月13日に開催された「YouTube Fanfest Japan 2023」に出演し、オリジナル曲を号泣しながら初披露。「画面の向こうから叫んだし泣いた」と感動の声が相次いでいます。(サムネイル画像出典:YouTube Japan公式Xより)

登録者350万人超えを誇る人気YouTuberの平成フラミンゴが、12月13日に幕張イベントホールで開催されたYouTube Fanfest Japan 2023に出演し、話題を呼んでいます。
 

【実際の投稿:平フラ、YTFFでオリジナル曲を初披露。裏話明かす】

「みんなのうちわとか手を振ったりしたかった」

ステージ上でオリジナル曲『スーパーヒロイン』を初披露した2人。歌のパフォーマンスを初披露とは思えない堂々とした姿で歌い切りました。特にRIHOさんのこみ上げる涙を何度も拭いながら歌う様子は、多くのファンに感動を与えました。
 

NICOさんは同日、X(旧Twitter)を更新し、「みんなのうちわとか手を振ったりしたかったんだけどアーティストモードで我慢しました」とポスト。翌14日には、「実はどこのカメラにも映ってなかったんですが一番のサビステージでりほと向き合って歌ってるところ私も爆泣きしてます というか一番最初から泣いてました ほんでもっと言えばステージ上がる前からりほは泣いてました」と明かしています。
 

RIHOさんも14日、自身のXを更新。「カメラの抜き方的に私が先に泣いたと思われていますが、実は西が『となり合わせて~♪』から爆泣きしているんですよ」「そんでもうよくわかんなくなってそのあと交差するところで激突しました」と、ステージ上でのハプニングも披露しました。
 

2人のほっこりするパフォーマンスに、「二人が尊い」「一生忘れない宝物の時間をありがとう!」「画面の向こうから叫んだし泣いたよ」「にこちゃんとりんりんは宇宙1のスーパーヒロイン」と称賛の声が殺到。また、YouTube Japanの公式Xアカウントも、「最高のステージでした」とコメントを寄せるなど、大きな反響を呼んでいます。

『スーパーヒロイン』ミュージックビデオも公開中

13日のイベント終了後には同曲のミュージックビデオも公開されました。2人の思いが詰まったオリジナル曲、気になる人はぜひチェックを。
 

次ページ
関連投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない