平成フラミンゴ、コムドットとの騒動巡り声明発表。「イベントの成功を祈っているのは本心」「この投稿で最後にできれば」

5人組YouTuber・コムドットがプロデュースを手掛けるイベントに参加辞退を表明したことで、騒動に発展した平成フラミンゴが2週間の沈黙を破り、声明を発表しました。(サムネイル画像出典:平成フラミンゴ公式Instagramより)

登録者400万人超えのYouTuberグループ・コムドットがプロデュースを手掛けるイベント「Creator Dream Fes ~produced by Com.~ at 東京ドーム」に参加見送りを表明したことで、コムドット側と騒動に発展した平成フラミンゴが7月5日、RIHOさん、NICOさんそれぞれのSNSを更新し、本件について声明を出しました。
 

【実際の投稿:平フラ、コムドットとの騒動に声明発表。全文はこちら】
 

「楽しい動画をいち早くお届けしたい」

2人は6月16日にYouTubeチャンネル「平成フラミンゴ」に『クリエイタードリームフェス出演見送りについてお話しさせてください』と題した動画を公開してから、約2週間にわたりYouTubeへの動画投稿を休止していました。
 

RIHOさんとNICOさんはそれぞれのTwitterで、思いをしたためた文書の画像を掲載。「私たちの出演は残念ながら見送りにはなってしまいましたが今回のイベントの成功を祈っているのは本心」「視聴者の皆様をはじめ多方面の方々にこれ以上不安な思いをしていただきたくなく、今回の件に触れるのはこの投稿で最後にできれば」とつづっています。
 

続けて、「これ以上、私たちがこの件に関して動画を出したり何かを証明したりするよりも、動画を待っていてくださる皆様に、楽しい動画をいち早くお届けしたいと心から思いました」と胸中も明かし、同日より動画投稿を再開すると発表しました。
 

「おかえりなさい」「もう謝らなくて大丈夫」

2人のツイートにファンからは、「おかえりなさい」「また元気な二人が見られる幸せを噛み締めています」「2人でふざけて笑いあってる姿見れるの楽しみ」「もう謝らなくて大丈夫」「変わらずずっと応援しています」など、温かい声援が相次ぎました。
 

一方、コムドット側は登録者が減少し続けており、6月24日以降で約9万人減。今回の騒動で失ったものは、“友達”もさることながらそれ以上にも大きいものだったのかもしれません。

 

 

>次ページ:RIHOさん、NICOさんの投稿をもっと見る!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応