Z世代が選ぶ「上半期に流行ったYouTubeチャンネル」ランキング! 2位「平成フラミンゴ」、1位は?【2023年】

Z総研は、Z世代を対象に調査した「2023年上半期トレンドランキング」を発表しました。今回はその中から、Z世代が選ぶ「2023年上半期に流行ったYouTubeチャンネル」ランキングを紹介します。

Z世代が選ぶ「流行ったYouTubeチャンネル」ランキング

次々に新しい流行を生み出す、若者中心のZ世代。面白いもの、かわいいものに敏感な彼らが、今何に注目し、次に来るのはどんなトレンドなのでしょうか。
 

Z総研は5月8~14日、Z世代女子を中心としたZ総研独自のコミュニティメンバーを対象にアンケート調査を実施。「Z総研2023年上半期トレンドランキング」を発表しました。本記事ではその中から、Z世代が選ぶ「2023年に流行ったYouTubeチャンネル」ランキングを見ていきましょう!
 

>10位までの全ランキング結果を見る
 

第2位:平成フラミンゴ

2位にランクインしたのは、「平成フラミンゴ」でした。「平成フラミンゴ」を更新するのは2人組の女性YouTuber。初めて出会ったのは小学校の入学式という、正真正銘の幼なじみのNICOとRIHOさん。俳優になりたい夢を諦められなかったNICOさんは、一度企業に就職するもRIHOさんと一緒に2020年、YouTubeへの投稿を始めます。翌2021年にはチャンネル登録者数が100万人を突破。視聴者との距離の近さや、隠し事のないトークで視聴者から人気を集めています。
 

回答では「ついついこっちまで2人の輪に入ってる気持ちになっちゃう笑」(N.D.Promotion所属:福田一華)、「なんでこんなに頭が回るんだろうといつも考えながら見てます笑」(16歳/高校2年生/鹿児島県)などの意見が聞かれました。
 

第1位:コムドット

1位に選ばれたのは、5人組の大人気YouTuberによる「コムドット」でした。5人のメンバー(やまと、ゆうた、うらた、ひゅうが、あむぎり)の地元は西東京市、全員柳沢中学校バスケットボール部出身。「地元ノリを全国へ」「放課後の延長」というスローガンを掲げ、YouTubeへの投稿や、SNSなどにも力を入れています。さらにリーダーのやまとを社長とする法人を立ち上げており、全てのメンバーが所属しているのだとか。
 

投稿では、「攻めた企画」やメンバーそれぞれの個性を生かした動画などで人気を集め、しばしばメンバーの地元の友人なども登場。行きつけのラーメン屋も出演するなど、地元ネタにあふれています。
 

選んだ理由に、「YouTubeでもそれ以外でもたくさん活躍しててかっこいいです!」(19歳/専門学校2年生/宮城県)、「めちゃめちゃ面白いし、かっこいいし好きです!!」(18歳/専門学校1年生/静岡県)などの声が挙げられました。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです


【おすすめ記事】
Z世代に人気のYouTuberランキング! 3位「東海オンエア」2位「コムドット」を抑えた1位は?
「チャンネル登録したくないYouTuber」ランキング! 3位「HIKAKIN」、2位「コムドット」、1位は?
高校生が今1番好きなYouTuberランキング! 2位「東海オンエア」「レイクレ」を抑えた1位は?
「昔好きだったYouTuber」ランキング! 3位「ヒカル」、2位「はじめしゃちょー」、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応