「チャンネル登録したくないYouTuber」ランキング! 3位「HIKAKIN」、2位「コムドット」、1位は?

All About編集部は10月3~11日、全国10~70代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施。その回答結果「チャンネル登録したくないYouTuber」ランキングの上位結果を紹介します。

コムドット(画像出典:プレスリリース

若者や子どもを中心に、絶大な影響力を持つ人気YouTuberたち。テレビよりも身近に感じられ、親近感も湧きやすいことから、芸能人よりも人気があることも珍しくありません。しかし、発信内容もYouTuber本人が自由に決められるため、視聴者によって好き嫌いがはっきりと分かれることも。
 

All About編集部は10月3~11日、全国10~70代の500人を対象に「YouTuber」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「チャンネル登録したくないYouTuber」ランキングを紹介します!

 

>15位までの全ランキング結果を見る

 

3位:HIKAKIN

3位にランクインしたのは、日本を代表するYouTuberの1人、HIKAKINさんでした。YouTubeをあまり見ない人も、名前だけは知っているというほどその知名度が高く、YouTubeの普及に大きく貢献したパイオニア的存在。ヒューマンビートボクサーとしても一流のHIKAKINさん言葉遣いも優しく、安心して子どもに見せられるという声も多く聞こえてきます。ただ最近は、変顔が苦手、新鮮味がない、などの理由で、前ほど見なくなってしまった視聴者も多いようです。
 

回答では「一見面白そうだが、子供に真似してほしくない言動もあるから」(愛媛県、40代女性)、「十分登録者数いると思うので、今更新規で応援したいと思えない」(高知県、30代女性)、「子供の金銭感覚が、ダメになる」(佐賀県、40代男性)などの声が聞かれました。

 

2位:コムドット

2位にランクインしたのは、「やまと」「ゆうた」「あむぎり」「ゆうま」「ひゅうが」の5人組YouTuber、コムドット。メンバー全員が西東京市の出身で、攻めた企画の動画を投稿しています。サークルのようなノリの良さで、若者を中心に人気です。ただ、地元ノリ・内輪ネタが多くつまらない、コラボで再生数を稼いでいる、信者のようなファンが嫌い……など、否定的な声も多々聞かれます。好き嫌いが分かれるYouTuberかもしれません。
 

回答理由に「良い噂を聞かないから。内輪ノリが苦手だから」(東京都、20代女性)、「見ていると正直不快になる事が多いため」(新潟県、20代男性)、「動画がうるさそうだから。子どもっぽい地元ノリが嫌いだから」(東京都、30代女性)などが挙げられました。

 

1位:ヒカル

1位に選ばれたのは、HIKAKINさんと並ぶほど知名度が高いYouTuber、ヒカルさんでした。半分黒・半分金髪というヘアスタイルが印象的なヒカルさん。お祭りのテキ屋のくじを大量に買ってみる動画や、芸能人・宮迫などとのコラボ動画も話題に。今でこそトップYouTuberとして活躍するヒカルさんですが、過去には仮装株式市場である「VALU」を巡る「VALU騒動」と呼ばれる事件を起こし、大炎上。動画の低評価数が最低を記録しました。そうした経緯などもあるためか、苦手となった視聴者も多くいるようです。
 

「あまり興味がなく、成功者のような振る舞いが好きではないです」(長崎県、30代女性)、「俺様感が強く他人を攻撃したり、賛否両論を生む企画が多いから」(東京都、20代男性)「お金をいっぱい使う企画を見てつまらないとおもったからです」(千葉県、30代男性)などの回答が寄せられました。
 

>15位までの全ランキング結果を見る


※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「昔好きだったYouTuber」ランキング! 3位「ヒカル」、2位「はじめしゃちょー」、1位は?
「チャンネル登録したくない芸能人YouTuber」ランキング! 3位「中田敦彦」、2位「ひろゆき」、1位は?
「好きなYouTuber」ランキング! 「東海オンエア」「はじめしゃちょー」を抑えた1位は?
「面白いと思うYouTuber」ランキング! 3位「はじめしゃちょー」、2位「東海オンエア」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」