恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第93回

【鉄道博物館】保存中の元“お召列車”専用機にオリエント急行のヘッドマークを装着展示(~12月28日)

鉄道博物館で保存中のEF58形61号機は、元お召列車専用機として活躍し、ロイヤルエンジンの愛称で親しまれている。この電気機関車に、12月13日から28日までの期間限定でORIENT EXPRESS '88というヘッドマークを装着して話題になっている。

連載「鉄道雑学ニュース」
乗り物の域にとどまらず、見ても、撮っても、もちろん乗っても面白い鉄道の世界。知れば知るほど奥が深くて面白い鉄道に関する最新情報&雑学を、「All About」の鉄道ガイドで旅行作家の野田隆が自ら撮影した駅舎や車両画像とともに分かりやすく解説する。

鉄道博物館(埼玉県さいたま市)で保存中の電気機関車EF58形61号機は、元お召列車(天皇、皇后、上皇、上皇后、太皇太后、皇太后が使うために特別に運行される列車)専用機として活躍し、ロイヤルエンジンの愛称で親しまれている。

館内で開催中の「大機関車展」に合わせて、この電気機関車に特別なヘッドマークを装着するイベントも行われているが、12月13日から28日までの期間限定で装着されるORIENT EXPRESS '88というヘッドマークが話題になっている。
オリエント急行のヘッドマーク
ORIENT EXPRESS '88 のヘッドマークを取り付けたロイヤルエンジンEF58形61号機

35年前に日本国内を走ったオリエント急行

国内を走るオリエント急行
京都近くの山科駅を通過するオリエント急行
若い人はご存じないかもしれないけれど、バブル絶頂期の1988(昭和63)年秋、ヨーロッパの名列車オリエント急行が来日してJRの路線を走った。このイベントを「ORIENT EXPRESS '88」という。フジテレビ開局30周年を記念し、JR東日本をはじめJR各社、日立製作所などの協力で行われた大イベントだった。

オリエント急行に魅せられたフジテレビの名プロデューサー沼田篤良氏による奇想天外な発案から生まれたといわれている。このイベントの実現について、当初は否定的な意見が多かったが、JR東日本の副社長(当時)山之内秀一郎氏の協力もあり、多くの困難を乗り越え実現したと語り継がれている。

ギネスに登録されたパリ発東京行きオリエント急行

サボ
パリ・リヨン駅からシベリア経由で日本へ向かう行先表示板(佐々木直樹氏所有)
1988年9月7日、パリ・リヨン駅をフランスのSLにけん引されて出発した16両編成の列車は、ドイツでは01(ゼロイチ)形SL重連など各国のSLにけん引されながら東進、線路幅の異なるソ連(現・ロシア)では台車を履き替え、シベリア鉄道を経由し、国境で再び台車を標準軌のものに戻し、中国を南下した。

香港からは船で日本に運ばれ、日立製作所笠戸事業所(山口県下松市)で台車をJR走行用のものに履き替えたほか、さまざまな改造工事が短い日数で行われた。
ゼロイチ
ドイツ国内では名機ゼロイチが重連で先頭に立った。実際にオリエント急行をけん引したのは01形137号機と1531号機である
その後、諸般の事情から編成を短くして11両+JRの控車2両=13両となった列車は、EF65形電気機関車にけん引され、広島駅から夜行列車として山陽本線・東海道本線を走り、10月18日の朝、東京駅に到着した。パリ発東京行きのオリエント急行は、世界最長距離の列車としてすぐにギネスに登録されている。
ワゴンリのマーク
オリエント急行の客車にはワゴン・リ(国際寝台車会社)の格調高いエンブレムが取り付けられている
その後、国内では、東京(上野)~京都間を中心に日本一周ツアー(9泊10日=88万円)など各地への運転が行われ、青函トンネルを通過して札幌へ、瀬戸大橋を渡って四国へ、そして九州へと全国に足跡を残した。バブル期であったためか、高額な料金であったにもかかわらず、抽選をするほどの何倍もの申し込みがあったという。
次ページ
EF58形61号機がヘッドマークを掲げ、先頭に
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応