おかもとまりの再婚発表に波紋広がる。夫・与儀大介氏の発言巡り「薬物使用示唆などは論外」「夫婦揃ってダメ」厳しい声も

元ものまね芸人のおかもとまりさんが、再婚を発表。しかし、ネットの声は祝福だけとは限らず……。(サムネイル画像出典:与儀大介氏Xより)

俳優の広末涼子さんのものまねなどで人気を博した元ものまね芸人のおかもとまりさんが12月11日、自身のX(旧Twitter)を更新。埼玉県志木市の市議会議員で会社経営者の与儀大介氏と再婚したことを発表しました。
 

【実際の投稿:おかもとまりが再婚発表。夫の発言巡り波紋広がる】

「妊娠はしておらず、姓は婿入り」

おかもとさんは、「この度、年内に志木市議会議員で経営者の与儀大さん(※原文ママ)と再婚することをご報告致します。尚、妊娠はしておらず、姓は婿入りなので変わりません」とポスト。「今までセキュリティーの問題で公表を避けていましたが、5年8ヶ月、シングルマザーとして群馬県の実家近くで息子と2人暮らしをしていました」と、これまでの生活状況も明かし、「彼と息子と3人で暮らせると思うと幸せな気持ちでいっぱい」とつづりました。
 

続けて、「彼は言動は破天荒かもしれませんが、誰よりも曲がったことが嫌いで、堅実で、見た目からは想像できないくらい純粋な人」「色々言われる覚悟でいますが、お互いが、それぞれの価値観で、息子を家族として大切にしていることは事実」と語っています。

出会いは「令和の虎」がきっかけ

同日、YouTubeチャンネルYouTubeチャンネル「令和の虎CHANNEL」が動画を更新。2020年6月に志願者として同チャンネルに登場したおかもとさんは、2023年3月頃に令和の虎のメンバーたちが開催したバーベキューへ息子を連れて参加。そこで与儀氏と出会い、交際に発展したと語っています。
 

一方で与儀氏も1月に「風俗嬢のセカンドキャリアを考えたデリヘル店を開業したい」と同チャンネルに志願者として登場。7月にも再度、志願者として登場し、「CBDバーを出店し日本での医療大麻合法化を実現したい」と虎たちへ打診。投資を募っていました。

「"医療"大麻事業から身を引きます」

さらに与儀氏は9日、Xで「僕はタイで"医療"大麻ショップを運営しています」などとつづった投稿をし、再婚発表をした11日には「先ほど私に対する【辞職勧告決議案】を議会で提出されました」と発表し、同日、賛成多数で可決される事態に。翌12日には「"医療"大麻事業から身を引きます」「違法な事に手を染めた事は一度もありません」などとつづった内容をポストしていました。
 

おかもとさんの再婚報告ポストには、「とっても嬉しいニュースでほっこり」「末永くお幸せに!」と祝福の声が寄せられた一方、「夫婦揃ってダメだな」「男見る目無い」「薬物使用示唆などは論外」と厳しい声も上がり、2人の再婚は「残念」というコメントも上がっています。
 

【おかもとまりさんの写真集をチェック!】
次ページ
関連投稿をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在