鈴木愛理、あわやパンツが!? 絶対領域あらわな超ミニスカショットに「太ももやばすぎ」「足細っ」の声

歌手の鈴木愛理さんは12月7日、自身のInstagramを更新。太ももがあらわになったミニスカート姿を披露しました。コメントでは「可愛すぎて意味がわからん!!!!!」と、称賛の声が上がっています。(サムネイル画像出典:鈴木愛理さん公式Instagramより)

歌手の鈴木愛理さんは12月7日、自身のInstagramを更新。太ももがあらわになったミニスカート姿を披露しました。
 

【実際の投稿:鈴木愛理、太ももあらわなコーデを披露!】

「がちでかわいいすきすぎる、、、、」

鈴木さんは「あげてなかった衣装たち」とつづり、自身の写真10枚を載せています。さまざまなコーディネートです。1~4枚目は黄色いトップスと、ヒョウ柄模様のミニスカートを着用した姿。きれいな太ももがあらわになっています。特に1枚目では、がに股気味のポーズを取っていて、あわやパンツが見えそうです。とてもかわいらしく写っています。

コメントでは「がちでかわいいすきすぎる、、、、」「その笑顔が最高」「えちかわ」「どの衣装も似合ってる」「足細っ」「太ももやばすぎ」「スタイル良い〜」「全てが尊い」「可愛すぎて意味がわからん!!!!!」と、称賛の声が多数上がりました。

過去にも自身のコーデを公開

投稿では「#最近の衣装たち」とハッシュタグを付けた鈴木さん。自身のInstagramでは11月3日にも、同じハッシュタグを付けてコーディネートを公開しています。どれも似合っていて、とてもかわいらしいです。今後も、鈴木さんのすてきなコーディネートに期待したいですね!
 

【鈴木愛理さんのCDやBlu-rayをチェック!】
次ページ
鈴木愛理さんのほかのコーデも見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始