麻布台ヒルズ、虎ノ門ヒルズetc…東京に新オープンした“4大スポット”の「クリスマス2023」にうっとり

2023年、東京では大型スポットの開業が続きましたが、そのクリスマスはどんな装いなのでしょうか。イルミネーションや特別メニュー、クリスマスツリー、デコレーションなど、4つの新開業スポットの初めてのフェスティブ(祝祭)シーズンをリポートします。

2023年、東京にはさまざまな新スポットが登場! 特に春、新型コロナの感染症対策が緩和されて以降、お出かけ熱が高まり、どこの施設のオープンも大変テンションの高い盛り上がりを見せました。

さて、そんな新スポットが初めて迎えるクリスマスシーズン。各施設どのような装い、盛り上がりになっているのでしょうか。

東京駅、練馬、虎ノ門、麻布台……、All Aboutでもたくさんの人に開業記事を読んでいただいた4つのスポットの、「2023年クリスマス」をご紹介します。

東京ミッドタウン八重洲
巨大な「ねぶたさんた」が登場!

東京駅直結の「東京ミッドタウン八重洲」では、初のクリスマスイベント「MIDTOWN YAESU CHRISTMAS 2023」が開催中です。
ねぶたさんた
「ねぶたさんた」の点灯式には中村獅童さんと2人の息子が登場!
江戸時代から“職人の街”として栄えてきた八重洲という土地柄にちなんで、装飾・イルミネーションのコンセプトはジャパンクラフト。1Fガレリアには、青森のねぶた職人が制作した、高さ6メートル超の巨大な「ねぶたさんた」が登場しました。

1作品をねぶた師1人が中心となって作り上げるのが一般的なねぶたですが、今回は2人の職人が制作に参加し、イラストレーターの絵をベースに形にするという、前例のない試みとなりました。

ねぶたでは欠かせない黒い墨をあえて使わず、クレヨンのようなやわらかいタッチで線画を描くなど、かわいらしい雰囲気のねぶたさんたです。
 
<DATA>
「MIDTOWN YAESU CHRISTMAS 2023」
ねぶたさんた
場所:東京ミッドタウン八重洲 1F ガレリア(屋外広場)
期間:2023年11月22日~12月25日
点灯時間:16:00~24:00(毎時00分、20分、40分に特別演出あり)

ワーナー ブラザース スタジオツアー東京‐メイキング・オブ・ハリー・ポッター 
映画のクリスマスシーンをイメージしたメニュー

ツリーのライトアップセレモニー
ツリーのライトアップセレモニーには上白石萌歌さんが
ワーナー ブラザース スタジオツアー東京もクリスマス仕様に! メインロビーには約6メートルのクリスマスツリーが出現し、スタジオツアー入口のヒマラヤ杉のエリアほか、敷地内の公園にあるパトローナス像や、ハリーの眼鏡の巨大モチーフ、ナギニの像などにもクリスマスのライトアップが施されています。 
ユールボール シーフードフィースト
限定メニュー「ユールボール シーフードフィースト」
また館内3か所の飲食店舗には、この時期限定のフードメニューが登場。映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で登場するクリスマスダンスパーティー・ユールボールのディナーをイメージしたシーフードプラッター(税込4200円/2名用)など、ファンにはたまらないメニューです。
 
<DATA>
ワーナー ブラザース スタジオツアー東京‐メイキング・オブ・ハリー・ポッター
期間:2023年11月15日~2024年1月8日
次ページ
虎ノ門ヒルズ&麻布台ヒルズのクリスマスは……
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化