【かわいい】池袋に世界初の「セサミストリートマーケット」がオープン! 楽しみ方を現地で徹底リポ

東京・池袋に11月30日にオープンした世界初の「セサミストリートマーケット」。カラフルなキャラクタードーナツやピザが並ぶカフェやグッズ販売など、オープン初日から大盛況の注目のスポットをリポートします。

「ジェラピケ」とのコラボ商品も先行販売

物販コーナーでは、艶やかな毛並みと発色の良さ、実際に番組に使われていたかのようなリアルな表情のぬいぐるみに囲まれて、「ぬいぐるみはもう買わない」と決めていた筆者も、数秒も迷わず即購入してしまいました。
セサミストリートマーケット
高クオリティなぬいぐるみは全キャラクターそろえたくなるかわいらしさ
ルームウエアやベビーソックスなど、オープン記念として先行販売された「gelato pique(ジェラートピケ)」とのコラボレーションアイテムも並びます。
セサミストリートマーケットジェラートピケ
先行販売の「gelato pique(ジェラートピケ)」とのコラボ商品
ニットやTシャツなど、大人も普段使いできる洗練されたデザインのアパレル商品に、缶入りのお菓子、ステーショナリーなどの雑貨がところ狭しと並べられた店内には、セサミストリートに迷い込んだかのようなデコレーションが施されたコーナーも。
セサミストリートマーケット
店内の至る所にワクワクするようなデコレーションが
今後は、大人も子どもも楽しめるワークショップが定期的に開催されるそうで、新たな情報発信に注目です。

今だから必要とされる『セサミストリート』の世界観

人種差別、経済格差、移民問題など、社会的な課題や不安が山積みの1960年代のアメリカで、テレビというメディアを通して子どもたちに良質な教育を届けたいという思いのもと、『セサミストリート』が制作されました。

アメリカでは1969年から放送開始、日本では当初、中高生の英語学習を目的に1971年からNHKで放送が始まりました。
セサミストリートマーケット
「セサミストリートマーケット」カフェスペースのビッグバード
『セサミストリート』には、エルモやクッキーモンスターなど、おなじみの人気キャラクターのほかに、140種類を超えるキャラクターが登場します。

自閉症への正しい知識を知ってもらうために2015年に登場した「ジュリア」、メキシコにルーツがある「ロジータ」、貧しさから食料不安を抱える「リリー」、誤解や偏見を改め、正しい知識を与えるために登場したHIVと闘う女の子「カミ」、里親に育てられた「カーリ」など、その時代の社会問題を背景に誕生したキャラクターも数多く存在します。

多様な環境で生まれ育った子どもたちが、偏見や誤解を乗り越えて、認め合い共存する世界が「セサミストリート」であり、「全ての子どもたちが素晴らしい」というメッセージを50年以上もの間、一貫して表現し続けています。

カラフルで個性的で愛らしいキャラクターたちは、これから世界が目指すべき、多様性を認める社会の象徴なのかもしれません。

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
最初から読む
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も