横浜赤レンガ倉庫「クリスマスマーケット」2023年は過去最大規模に! 見どころをリポート

横浜赤レンガ倉庫で「クリスマスマーケット」が2023年11月24日からスタート。12月25日までの期間中、横浜にいながら本場ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気を感じられます。

横浜赤レンガ倉庫で「Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」が2023年11月24日からスタート。12月25日までの期間中、本場ドイツの“王道”クリスマスマーケットの雰囲気を感じられるグルメやグッズを販売します。2023年の見どころをリポート!(画像は筆者撮影、一部提供)

横浜で本場ドイツの雰囲気が感じられるクリスマスマーケット

本場ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気を感じられる
本場ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気を感じられる

クリスマスマーケットは、ドイツなどで中世から続く伝統的なお祭りです。各都市の広場ではクリスマスデコレーションやイルミネーションが施された屋台が並び、グリューワイン(=ホットワイン)やクリスマスの伝統的なお菓子、オーナメントやクリスマスカードなどを買い求めるのが風物詩となっています。

会場マップ(提供画像)
会場マップ(提供画像)

Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫」は、横浜赤レンガ倉庫がドイツにゆかりがあることから、本場ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気を感じられるイベントとして2010年からスタート。14回目となる2023年はエリアが大きく広がり、有料の「メイン会場」無料の「イルミネーションガーデン」合わせて延べ64店舗が出店。過去最大規模での開催となります。

Krobbachre「丸ごとパン器の星降る牛タンシチュー(画像中央、100食限定、税込1500円)など会場内メニュー(一例)
Krobbachre「丸ごとパン器の星降る牛タンシチュー」(画像中央、1日100食限定、税込1500円)など会場内メニュー(一例)
会場内ドリンク(一例)……スノーマンとチーズ「スノーマンココア」(左、500杯限定、税込700円)、MAISEL&FRIENDS「はちみつとりんごのグリューワイン」(右、200杯限定、税込700円 ※オリジナルマグカップは別途)
会場内ドリンク(一例)……スノーマンとチーズ「スノーマンココア」(左、1日500杯限定、税込700円)、MAISEL&FRIENDS「はちみつとりんごのグリューワイン」(右、1日200杯限定、税込700円 ※オリジナルマグカップは別途)
会場内グッズ(一例)……ベリースパイスリース(税込1万6800円)、ガラスオーナメント<鳩と遊んでいる天使>(50個限定/1日、税込3000円)、スノードーム(税込2000円~)、ドールハウス缶<紅茶&ハーブティー>(税込1550円)
会場内グッズ(一例)……「ベリースパイスリース」(税込1万6800円)、「ガラスオーナメント<鳩と遊んでいる天使>」(1日50個限定、税込3000円)、「スノードーム」(税込2000円~)、「ドールハウス缶<紅茶&ハーブティー入>」(税込1550円)

クリスマスツリーは「光の演出」が新設

メイン会場のクリスマスツリーは30分ごとに光の演出が行われる
メイン会場のクリスマスツリーは30分ごとに光の演出が行われる

高さ10メートルの生木を使ったクリスマスツリーは、電球を約1万5000球から約2万球に増やし、光の演出を新設。30分ごとに通常時とは異なり、色が変化したり、点滅したりする演出が楽しめます。

約50メートルのイルミネーションルーフ
約50メートルのイルミネーションルーフ

また、4年ぶりに約50メートルのイルミネーションルーフが復活。クリスマスツリーのあるメイン会場まで圧巻の光の帯が続きます。

メイン会場にはドイツ料理やクリスマス雑貨など、飲食ブース16店舗、物販25店舗が出店
メイン会場にはドイツ料理やクリスマス雑貨など、飲食ブース16店舗、物販25店舗が出店
毎年好評のイベント限定オリジナルマグカップも販売(税込750円、2種<ホワイト/ダークグリーン>)(提供画像)
毎年好評のイベント限定オリジナルマグカップも販売(税込750円、2種<ホワイト/ダークグリーン>)(提供画像)
次ページ
プラネタリウムが投影できる「プレミアムラウンジ」が初登場
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは