トークがうまいと思う「放送中のANNパーソナリティー」ランキング! 1位「オードリー」、2位は?

『オールナイトニッポン』について、All About ニュース編集部は独自に調査。トークがうまいと思う「放送中のオールナイトニッポンのパーソナリティー」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:オードリーのオールナイトニッポン公式Xより)

長い歴史の中で、伝説的な番組を多く放送してきた『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)。パーソナリティの本音が聞けるフリートークを中心に、人気コーナーなどでファンを魅了しています。

All About ニュース編集部は8月31日~10月19日、全国10~70代の254人を対象に『オールナイトニッポン』に関するアンケート調査を実施。その中から、「トークがうまいと思う放送中のオールナイトニッポンのパーソナリティー」ランキングを紹介します!

>9位までの全ランキング結果を見る

2位:ナインティナイン

2位は「ナインティナイン」でした。岡村隆史さんと矢部浩之さんのお笑いコンビで、これまで『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)など、人気バラエティ番組で活躍。

1994年から『ナインティナインのオールナイトニッポン』をスタートさせ、コンビとしての出演は、第1期が2014年9月25日まで、第2期は2020年5月14日から現在まで放送を続けています。

ベテランコンビらしい息のあったトークが持ち味で、持論を展開する岡村さんに矢部さんが気の利いたツッコミを展開していきます。投稿しているハガキ職人のレベルが高く、これまでさまざまな人気コーナーを実施。芸人などゲストが登場する際は、エッジの効いた企画を用意し常に笑いを生み出し続けています。

回答者からは、「絶えず飽きさせないトーク技術がある」(新潟県/40代男性)、「長年の経験で、聴くと本当に話も分かりやすく面白い」(東京都/20代女性)、「岡村さんのボケをしっかりと毎回拾って、的確なツッコミをする矢部さんの安定感」(神奈川県/20代女性)といった意見が挙がりました。

1位:オードリー

1位は「オードリー」でした。若林正恭さん、春日俊彰さんのお笑いコンビで、現在は多くの番組に出演して人気を集めています。

2009年から『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)を開始し、テレビでは見ることができない2人のトークが魅力的。若林さんの毒舌を聞くこともでき、しっかりとツッコミを入れる春日さんのコンビネーションも抜群です。

毎回2人が用意するフリートークのネタも新鮮で面白く、テレビではあまり披露されない春日さんのプライベートトークもファンを楽しませています。

人気が高い番組で、2024年2月18日には東京ドームで『オードリーのオールナイトニッポン in 東京ドーム』を開催予定となっています。

回答者からは、「世代ジャンル問わず楽しめるトークが多い」(茨城県/20代女性)、「若林さんは特にツッコミがうまい。言葉センスとか」(和歌山県/40代女性)、「春日さんの個性を活かしながらの若林さんの表現が的確で面白いと思う」(千葉県/50代男性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応