活躍がすごいと思う「オールナイトニッポンのパーソナリティー」ランキング! 2位「星野源」、1位は?

All About ニュース編集部では芸能人に関するオリジナルのランキングを作成しています。この記事では、活躍がすごいと思う「放送中のオールナイトニッポンのパーソナリティー」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:星野源さん公式Instagramより)

1967年10月の放送開始以来、常に人気が高いラジオ番組として愛されている『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)。これまで伝説的なパーソナリティが生み出され、現在も俳優、ミュージシャン、芸人が活躍中です。

All About ニュース編集部は8月31日~10月19日、全国10~70代の254人を対象に『オールナイトニッポン』に関するアンケート調査を実施。その中から、「活躍がすごいと思う放送中のオールナイトニッポンのパーソナリティー」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果を見る

2位:星野源

2位には「星野源」さんがランクイン。2010年に1stアルバム『ばかのうた』でソロデビューして以降、ミュージシャン、俳優、文筆業などマルチに活躍しています。

音楽好きの間で高い評価を受けていた星野さんですが、ブレークのキッカケは2016年にリリースしたシングル『恋』の大ヒット。メインキャストで出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)もブームを作り、国民的な人気を獲得します。

『オールナイトニッポン』は2016年3月からレギュラー放送がスタートし、プライベートや下ネタまで話すトークでリスナーを増やし続けています。

そんな星野さんは2023年も活躍が続き、12月27日には『世界陸上2023 ブダペスト』(TBS系)などのテーマソング『生命体』を含むニューシングルを発売。『第74回NHK紅白歌合戦』にも出場が決定しています。

回答者からは、「ミュージシャンや俳優もこなしており活躍している」(東京都/40代男性)、「歌手をやって、ラジオパーソナリティーをやって、俳優をやって、執筆もして、コントもやって…この人は本当にどの方面でも活躍していてすごい」(神奈川県/30代女性)、「いつの間にか、俳優としても大人気だし、ガッキーとご結婚もされたし、すごいなあと思っています」(青森県/50代女性)といった意見が挙がりました。

1位:オードリー

1位には「オードリー」がランクイン。若林正恭さん、春日俊彰さんが2000年に結成したお笑いコンビで、2005年から「オードリー」として活動を続けています。

大ブレークのキッカケは2008年12月に放送された『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で、敗者復活から準優勝を達成。テレビ番組への出演が急増し、春日さんのギャグ「トゥース!」が新語・流行語大賞にノミネートされます。

2009年からは、『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)をスタート。2人のコンビネーション抜群のトークが面白く、テレビでは見ることができないオードリーを体感できます。『オールナイトニッポン』を代表する番組で、2024年2月18日には東京ドームで『オードリーのオールナイトニッポン in 東京ドーム』を開催予定です。

回答者からは、「東京ドームのラジオ公演があるのですごい」(埼玉県/30代女性)、「自分の番組を持っている数が最近多いから」(東京都/20代男性)、「大活躍なのに深夜帯にも番組を持っていたり収録放送の多さからも感じる時がある」(京都府/20代男性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです


この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性