応援している「旧ジャニーズ事務所所属のグループ」ランキング! 2位「Snow Man」、1位は?

All About ニュース編集部では、「旧ジャニーズ事務所所属のグループ」に関するアンケートを実施。この記事は、応援している「旧ジャニーズ事務所所属のグループ」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:Snow Man公式Instagramより)

2023年は、大きな変化があった「旧ジャニーズ事務所(現:SMILE-UP.)」。2024年4月からは、新会社「STARTO ENTERTAINMENT」が本格始動することが発表されています。

All About ニュース編集部は11月7~21日、全国10~60代の379人を対象に「旧ジャニーズ事務所所属のグループ」に関するアンケート調査を実施。その中から、「応援している旧ジャニーズ事務所所属のグループ」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果を見る

2位:Snow Man

2位に輝いたのは、「Snow Man」でした。アクロバティックなダンスに定評がある9人組のグループで、2020年1月22日にCDデビュー。発売する楽曲はどれも大ヒットを記録し、2023年5月17日に発売したアルバム『 i DO ME』はミリオンセールスを突破します。初のドームツアー『Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME』を開催し、2024年2月14日には10枚目のシングル『LOVE TRIGGER / We’ll go together』を発売予定です。

各メンバーが俳優業やバラエティ番組などで大活躍する中、グループのレギュラー番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)はゴールデンタイムへ進出。さらに、2023年の大みそかには、スペシャルライブ『Snow Man Special Live~みんなと楽しむ大晦日!~』を生配信することが発表されています。

今、最も勢いのあるグループの1つで、多くのファンから支持を獲得しています。

回答者からは、「色々な試練や困難を超えて這い上がってきたグループなので応援したくなる」(石川県/20代女性)、「わちゃわちゃとグループで楽しそうにしている姿が好きなので応援しています。ダンスになるとシンクロしてかっこいいです」(熊本県/40代女性)、「パフォーマンスとバラエティのギャップが面白い。誠実でファン思い」(高知県/50代女性)といった意見が挙がりました。

1位:嵐

1位に輝いたのは、「嵐」でした。1999年にハワイ・ホノルル沖のクルーズ客船でデビュー会見を行ったことで大きな注目を集め、11月3日にはシングル『A・RA・SHI』でCDデビューした5人組グループ。『Happiness』『カイト』など大ヒット曲を多く発表し、NHK『紅白歌合戦』の常連として司会も務めてきました。

また、各メンバーが俳優としても大活躍するほか、グループでは『VS嵐』(フジテレビ系)、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)などを放送。男女問わず、幅広い世代から支持され国民的な人気を獲得します。

そんな嵐ですが、2020年12月31日をもってグループ活動を休止中。大野智さんは芸能活動を休止し、さらに二宮和也さんは独立を発表するなど大きな変革期を迎えています。そんな中でも、2024年にはデビュー25周年の記念イヤーとなり、変わらず応援している人が多いようです。

回答者からは、「活動は休止してしまっているけど解散しない限りは応援したい」(神奈川県/30代女性)、「はやくまた嵐として活動してほしいです」(熊本県/30代女性)、「15年間応援しています。長年私を支えてくれた存在なので、休止中も出来る限りの応援をしています」(北海道/30代女性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】