楽曲が好きな「旧ジャニーズ事務所所属のグループ」ランキング! 2位「KinKi Kids」、1位は?

All About ニュース編集部では、オリジナルのランキングを作成しました。この記事では、楽曲が好きな「旧ジャニーズ事務所所属のグループ」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『KinKi Kidsのブンブブーン』公式Instagramより)

日本中を揺るがせた性加害問題もあり、大きな変革期を迎えている「旧ジャニーズ事務所(現:SMILE-UP.)」。12月8日には、マネジメントを担う新会社として「STARTO ENTERTAINMENT」が設立され、2024年4月から本格始動することが発表されました。

All About ニュース編集部は11月7~21日、全国10~60代の379人を対象に「旧ジャニーズ事務所所属のグループ」に関するアンケート調査を実施。その中から、「楽曲が好きな旧ジャニーズ事務所所属のグループ」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果を見る

2位:KinKi Kids

2位は「KinKi Kids」です。旧ジャニーズ事務所では珍しい男性デュオとして活動し、1997年7月にシングル『硝子の少年』、アルバム『A album』でCDデビュー。いきなりメガヒットを記録し、その後も『愛されるより 愛したい』、『全部だきしめて』、『フラワー』など数々の名曲を発表します。

2009年末には、リリースしたシングル29作がチャートで1位を獲得し、世界最高記録としてギネスブックに掲載。現在もコンスタントに楽曲を制作し、2023年12月27日には通算47枚目シングル『シュレーディンガー』を発売します。

歌謡曲テイストからバラード、ロックまでさまざまなジャンルの楽曲をこれまで制作。メンバーの堂本剛さんは個人でも音楽活動を行うなど、旧ジャニーズ事務所所属のグループの中でも曲に対する高いこだわりを持っています。

回答者からは、「子供の頃から聞いていて名曲ばかり」(茨城県/30代女性)、「2人の声のハーモニーが大好きです」(京都府/30代女性)、「タイトルが分からなくてもほとんどの歌を聞いたことがあると思う。ドラマの主題歌になっていた曲も多いので聴くとその頃を思い出せる」(千葉県/30代女性)といった意見が挙がりました。

1位:嵐

1位は「嵐」です。1999年にジャニーズJr.から選抜された5人で結成し、シングル『A・RA・SHI』でCDデビュー。これまで『Happiness』、『果てない空』、『夏疾風』、『カイト』など、長い活動期間で多くの大ヒット曲を生み出してきました。

キャッチーなメロディが特徴的な楽曲は、ドラマやCMなどのタイアップばかりで多くの人を魅了。NHK『紅白歌合戦』の常連で、司会も務めるなど国民的な人気を獲得しています。

そんな嵐は、2020年12月31日をもってグループ活動を休止中。2023年には『Love so sweet』が日本レコード協会チャートにて、ストリーミング認定で累計再生回数1億回を突破するなど、いまでも楽曲は愛され続けています。

回答者からは、「元気をもらえる曲が多く口ずさみやすいメロディで好きだから」(愛媛県/30代女性)、「グループ自体に余計なコンセプトが無いためさまざまな曲があり、また、ハモリやパート分けなども綺麗だと思う」(茨城県/10代女性)、「嵐は久しぶりに聴くと、前向きな歌詞やメロディーに『やっぱりいいな』と思い返せるから」(千葉県/50代女性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】