「破壊力やばすぎ」元乃木坂46・高山一実、ラグビーW杯“現地観戦”ショットが「いい女すぎる」と反響!

元乃木坂46で現在はタレントの高山一実さんは11月18日、自身のInstagramを更新。9~10月にフランスで開催された「ラグビーワールドカップ 2023」を現地観戦する様子を公開しました。(サムネイル画像出典:高山一実さん公式Instagramより)

元乃木坂46で現在はタレントの高山一実さんは11月18日、自身のInstagramを更新。9~10月にフランスで開催された「ラグビーワールドカップ 2023」を現地で観戦する様子を公開しました。

【実際の投稿:高山一実、かわいすぎるラグビーW杯観戦ショット】

「こんな可愛い子に応援してもらったら世界一になるな」

高山さんは「遅ればせながら…現地で観るラグビーW杯、最高でした」「日本代表選手の皆さま本当にお疲れさまでした 4年後のオーストラリア開催も楽しみ」とつづり、8枚の写真と2本の動画を投稿。同大会を観戦するためにフランスを訪れた際の様子を公開しました。

フェイスペインティングをする動画やビールを飲みながら観戦する写真など、ラグビー日本代表のユニフォームを着て楽しむ高山さん。どの写真、動画もはじけるような笑顔を見せていて、充実した時間だったことがうかがえる投稿です。

ファンからは「かわいい笑顔 本当に素敵です」「こんな可愛い子に応援してもらったら世界一になるな」「破壊力やばすぎ」「いい女すぎる」「一緒にビール飲みたい」「かわいい!今すぐ国宝認定!」など、称賛の声が多く寄せられています。

観光をする様子も公開

高山さんは15日にもInstagramを更新。こちらの投稿ではチェック柄のワンピースとベレー帽をかぶった姿で街中を観光する様子を公開しています。気になった人はぜひチェックしてみてください。
  【高山一実さんの写真集をチェック!】
次ページ
高山一実さんのフランス観光をする写真も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応