真木よう子、「変態役者なもんで」と吐露! 「カメレオン女優の真骨頂」「ゴヤの絵みたいじゃん」

俳優の真木よう子さんは11月8日、自身のInstagramを更新。自らについて「変態役者なもんで」と称し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:真木よう子さん公式Instagramより)

俳優の真木よう子さんは11月8日、自身のInstagramを更新。自らについて「変態役者なもんで」と称しました。

【実際の投稿:真木よう子、「変態役者なもんで」と自称】

「そんなよう子さん大好きです!」

真木さんは「次の役も困難そうで何より。私は役がなければ生きている心地も味わえない変態役者なもんで」とつづり、自身の写真を1枚載せています。「変態役者」と自称する真木さんの個性をよく表しているかのような写真です。真木さんらしさがあふれています。

コメントでは、「ゴヤの絵みたいじゃん。かっこいいよ」「最高にかっこいいです」「そんなよう子さん大好きです!」「カメレオン女優の真骨頂」「頑張ってください」「楽しみにしています!」「良い味でてて素敵だよ」「写真のチョイスがさすがですね」など、さまざまな声が上がりました。

映画『アンダーカレント』で主演

真木さんは10月6日に公開された映画『アンダーカレント』で主演を飾っています。11月2日の投稿では「軽く観れる作品じゃないかもしれませんが」と、同作品について説明していました。どのような映画でもしっかり役を演じている真木さん。“次の役”は一体なんなのか、楽しみですね!
  【真木よう子さんの出演作をチェック!】
次ページ
真木さん主演の映画についての投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化