「いい女」だと思う60代以上の女性芸能人ランキング! 2位「黒木瞳」を大差で抑えた1位は?

All About ニュース編集部は全国の男女を対象に「いい女だと思う女性芸能人」に関するアンケート調査を実施。「いい女だと思う60代以上の女性芸能人」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:『魔女の香水』公式Xより)

11月7日は語呂合わせが由来の「1(い)1(い)0(おん)7(な)」の日です。

還暦を迎えてもなお若々しい姿を保っている60代以上の女性芸能人たち。変わらぬ美貌で長きにわたり、芸能界で活躍しています。

All About ニュース編集部は10月5~29日の期間、全国10~70代の男女426人を対象に「いい女だと思う女性芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「いい女だと思う60代以上の女性芸能人」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果

2位:黒木瞳

2位にランクインしたのは、黒木瞳さんです。1981年に宝塚歌劇団に入団し、月組のトップスターとして華々しく活躍。退団後は俳優に転身し、1997年公開の映画『失楽園』で日本アカデミー賞「最優秀主演女優賞」を受賞しました。

現在は母親役を務めることも多く、ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)や『恐怖新聞』(フジテレビ系)など、さまざまな作品で母親役を演じ分けています。

2023年6月には主演映画である『魔女の香水』が公開。香りをテーマにした作品で、黒木さんはクセのある香水屋の店主役を好演しました。

回答者からは「女性として美しくも華麗であるため」(30代女性)、「綺麗に歳をとっている印象が強くいつ見ても美しい」(40代男性)、「可愛らしさと大人なところをしっかり表に出していて、素敵な方だと思います」(20代女性)といったコメントが寄せられています。

1位:吉永小百合

1位にランクインしたのは、吉永小百合さんです。1957年にラジオドラマ『赤胴鈴之助』で芸能界デビューを果たし、1959年に映画『朝を呼ぶ口笛』に初出演。以降は数多くのドラマや映画作品に出演し、国民的人気を誇る俳優として活躍を続けています。

近年では、2023年9月1日に公開された山田洋次監督の映画『こんにちは、母さん』の主演を務めました。2008年公開の『母べえ』と2015年公開の『母と暮せば』に続く「母」3部作シリーズとして、吉永さんの集大成とも呼び声高い作品となっています。

また吉永さんは、36年ぶりとなるスキンケアCMへの出演が決定。2023年10月25日に行われたスキンケアブランド『五島の椿』のCM発表会に出席し、サユリストたちを沸かせました。

回答コメントでは「日本の代表の女優さん、いつになっても綺麗ですね」(50代女性)、「自分自身をしっかり持っている姿が格好良いから」(40代男性)、「花のような柔らかく儚げな雰囲気を持つ『日本の美』を象徴する美しさを持っていると思うからです」(50代男性)などの声が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応