「早速」の意味とは? ビジネスシーンでの使い方や例文、言い換え表現

「早速」とは、すみやかなこと、すぐに行うことを意味します。「早速のご対応ありがとうございました」「「早速ですが」などの表現で、相手の素早い対応に感謝を表すときや、本題に入る時などに、日常やビジネスシーンでも使えます。

「早速」の意味や使い方を解説
「早速」の意味や使い方を解説

「早速」という言葉は、「早速ありがとうございます」など、日常でもビジネスシーンでもよく使われる言葉です。今回は、「早速」の意味や使い方をフリーアナウンサーの小川厚子が解説します。

<目次>
「早速」の意味とは
「早速」のビジネスシーンでの使い方と例文
「早速」の類語・言い換え表現と例文
「早速」をメールで使うときのポイント
「早速」は日常でもビジネスシーンでも使える

「早速」の意味とは

「早速」とは、すみやかなこと、すぐに行うこと、またそのさまを表します。すぐに取りかかる、行動や対応が素早いという意味です。自分の行動に対しても、相手の行動に対しても使うことができる言葉です。

「早速」のビジネスシーンでの使い方と例文

・早速のご対応
「早速のご対応」は、相手がすぐに行動に移してくださったことへの感謝の気持ちを述べるときに用います。迅速に対応してくださったことへの感謝を伝えられます。

【例文】
「大変お忙しい中、早速のご対応ありがとうございました」

・早速のご返信
「早速のご返信」は、相手がすぐにメールや文書などの返信をしてくださったことへの感謝の気持ちを伝えられます。こちらから返答が必要なメールを送った場合に用います。

【例文】
「ご多忙中にもかかわらず、早速のご返信ありがとうございます」

・早速ですが
「早速ですが」は、会議の冒頭や商談のときなど、本題を切り出すときの唐突な印象を和らげて、本題へ自然につなげることができます。本題に入る前の前置きや補足を意味します。丁寧語ですので、社内外を問わず、目上の方に対しても失礼には当たりません。

・早速〇〇いたします
早速は自分の行動に対しても使える言葉で、「早速〇〇いたします」は、相手に依頼されたことや、教えてもらったことに対し、すぐに自分が実践することを伝える際に用います。

【例文】
「早速、確認いたします」
「早速、書類を提出いたします」

「早速」の類語・言い換え表現と例文

・迅速
「迅速」とは、物事の進み具合や行動などが非常に速いことを指します。行動や処理が速く「早速」よりさらに速いニュアンスです。依頼や要望に対する速度が極めて速い場合に用います。

【例文】
「わが社では、迅速かつ丁寧なご対応を心掛けています」

・至急
「至急」とは、非常に急ぐこと、大急ぎである、という意味です。

【例文】
「今回の件につきまして、至急ご連絡をお願いいたします」

・早急
「早急」は「さっきゅう」と読み、非常に急いでいることや、そのさまを表します。

【例文】
「この問題は早急に解決しなければなりません」

【関連記事】「早急」の意味や使い方は?

・さて
「さて」は、1つの話が終わり、新しい話題に移るときや話の切り替えの場合に用います。1つの行動から次の行動に移る場合にも使われます。

【例文】
「さて、次に新製品の説明に移ります」

・唐突ですが
「唐突」とは人の言動に対して使われ、だしぬけであることを意味します。「唐突ですが」は予期しないことを切り出すとき、発言がこれまでの流れとつながらないようなことを切り出すときに用います。

【例文】
「唐突ですが、唐揚げはお好きですか」

・取り急ぎ
「取り急ぎ」は「とりあえず」「急いで」の2つの意味が含まれた言葉です。急を要する要件である場合にのみ使います。目上の方には失礼に当たる場合があるので注意が必要です。

【例文】
「商談の日程が変更となりました。取り急ぎご連絡いたします」

・速やかに
できるだけ速く、可能な限り早くという意味で使われます。

【例文】
「会議が終わりましたら、速やかにご移動願います」

・直ちに
「まさにすぐ」「すぐさま」「即時に」という意味で、何があっても遅れてはならないというニュアンスです。

【例文】
「ここは危険です。直ちに移動してください」

「早速」をメールで使うときのポイント

「早速」はビジネスメールで使っても問題はありません。相手の素早い対応に感謝を伝えたり、話の本題に入ったりするときに使える言葉です。「早速〇〇してくださり、ありがとうございます」のように丁寧語でお礼の言葉を付け加えることで、より相手に敬意を示すことができます。

また「お忙しいところ」「ご多忙中にもかかわらず」といったクッション言葉を早速の前に付けることで、より丁寧な表現になります。たとえ相手が忙しくない場合でも、こちらの依頼に早急に対応していただいた場合には使うと良いでしょう。

ただし、返信や対応が速くない場合に使うといやみに取られてしまう可能性がありますので注意が必要です。

「早速」は日常でもビジネスシーンでも使える

「早速」は相手の素早い対応に感謝を表すときや、本題に入る時などに、日常やビジネスシーンでも使うことができる言葉です。アナウンサーもインタビューをする時に、軽いあいさつの後本題に入る場面で使います。

コミュニケーションを円滑にする言葉ですので、使い方を間違えないように意味を確認しておきましょう。

■執筆者プロフィール

担当ライター
小川厚子(おがわあつこ)
元NHK岡山放送局キャスター/NHK情報番組メインキャスター/NHKニュースセブンリポーター/NHKラジオ第一ニュース/NHKラジオ第一あさいちばんリポーター。退局後は、POLA・阪急不動産インフォマーシャル・グリコラジオCM・ナレーション、テレビドラマアナウンサー役などフリーアナウンサーとして活動中。こどもアナウンス発声協会講師/印象力アップアドバイザー/神戸市立中学校放送部部活動指導員/企業研修等、話し方講師として活動中。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性