「お米の産地」と聞いてイメージする都道府県ランキング! 2位は「秋田県」、1位に選ばれたのは?

『じゃらん』を発行するリクルートは、1026人にお米の産地と聞いてイメージする都道府県を調査。2位は秋田県となりました。1位はお米がおいしいイメージが強いあの県でした。

お米県イメージランキング
お米県イメージランキング
秋は新米の季節。この時期になると、おいしいお米を食べたくなる人は多いのではないでしょうか。
 
旅行情報誌『じゃらん』を発行するリクルートは、お米の産地と聞いてイメージする都道府県について、全国の20~50代の1026人を対象に「じゃらん お米県イメージランキング」についてアンケート調査を行いました(3つまでの複数回答)。ランキング上位2位を紹介します。 

2位:秋田県

2位は、「秋田県」でした。秋田県といえば、『あきたこまち』。このブランド名を挙げるコメントが多く、知名度の高さがうかがえる結果となりました。お米の年間生産量もベスト3で、『あきたこまち』以外にも『ひとめぼれ』『めんこいな』『ゆめおばこ』など多くの品種のお米が作られています。
 
『あきたこまち』はつやがあり、透明感とバランスの良い味わいが魅力のお米。回答者からは、「スーパーで目にすることも多く身近な印象」という声もあり、地元のみならず全国的に広く知られている銘柄です。
 

1位:新潟県

堂々の1位に選ばれたのは、「新潟県」でした。なんといっても新潟県は日本一のお米の生産量を誇ります。回答者からも「お米の産地」「お米といえば新潟!」のコメントが圧倒的に多く、「魚沼産」といった産地や『コシヒカリ』などブランド名も選出理由として挙げられました。
 
新潟県は昼夜の寒暖差が大きいことや、越後山脈に囲まれ、きれいな水が豊富な点もお米作りに適しているといわれており、全国的にも有名な『コシヒカリ』は、独特の甘みや粘り、炊いた時の艶やかさ、香りが特徴です。
 
※回答コメントは原文ママです
 
この記事の筆者:水野 渚沙
新潟生まれ、愛知育ち。これまでに4つのWebメディアを立ち上げて、7つのWebメディアで編集者&ディレクターを経験。どのWebメディアでもPVを上げるための分析や企画に携わってきたので、大体いつもネットでウケるネタを考えています。漫画が大好きです。
次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示