石田ニコル、タイトなシースルードレス姿で原宿を闊歩! 「目のくらむような美しさ」「海外にみえる!」

モデルで俳優の石田ニコルさんが10月15日、自身のInstagramを更新。タイトなドレス姿で原宿を闊歩(かっぽ)する姿を披露し、「街の景色を一変させますね」などの反響が寄せられています。(サムネイル画像出典:石田ニコルさん公式Instagramより)

モデルで俳優の石田ニコルさんが10月15日、自身のInstagramを更新。白いタイトなドレス姿で原宿を闊歩(かっぽ)する姿を披露しました。

【実際の投稿:石田ニコル、タイトなドレス姿で原宿を闊歩】

 

「めっちゃ浮いてたけどそれも楽しかった」

石田さんは「原宿」と切り出すと、髪をアップにして白いスレンダードレスを身にまとい、東京・原宿の街を闊歩した際の、振り向きざまのショットや全身ショット、ポートレート風のアップショットなど、4枚の写真を掲載。ドレスは全身に花柄の刺しゅうが施され、スタイルをシースルー風に際立たせています。

「ドレスアップして原宿歩いた時。めっちゃ浮いてたけどそれも楽しかった」と振り返った石田さんには、ファンから「街中に女神がいたら浮いて当たり前です」「浮いてるどころか、しっかりマッチしてます」「素晴らしい」「美しすぎます」「原宿の街の景色を一変させますね」「ニコルちゃんが歩いてたら原宿も海外にみえる!」「目立ってます」「最強じゃ」「ちょっと目のくらむような美しさ」などの声が寄せられました。

 

さながら映画のワンシーン

今回、石田さんが着用したドレスは、海外セレブに愛されているブランド「タダシ ショージ(TADASHI SHOJI)」。“女性を美しく見せるドレス”というコンセプト以上に、石田さんの美しさを際立たせていますね。原宿を闊歩する姿は、さながら映画のワンシーンのようです!
 

>次ページ:石田さんの美しい姿をもっと見る

【石田ニコルさんのフォトブックをチェック!】
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応