「夫になってほしい」イクメン有名人ランキング! 3位「中尾明慶」を抑えたTOP2は?

All About ニュース編集部は、全国10~60代の男女を対象に「イクメン有名人」に関するアンケート調査を実施。「夫になってほしいイクメン有名人」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:中尾明慶さん公式Instagramより)

芸能界には結婚してからも活躍する有名人がたくさんいます。時折見せる夫やパパの一面に、キュンとしてしまったことのある人も多いはず。

All About ニュース編集部は9月15日~10月12日の期間、全国10~60代の男女315人を対象に「イクメン有名人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「夫になってほしいイクメン有名人」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果
 

3位:中尾明慶

3位にランクインしたのは、俳優の中尾明慶さんです。2013年に俳優の仲里依紗さんと結婚、「2人の合言葉はBIG LOVE」というコメントが大きな話題を呼びました。

4月に結婚10周年を迎え、家族にサプライズパーティーをプレゼントした中尾さん。長男を交えた家族ショットや、仲さんの頬にキスをする写真など仲むつまじい姿を見せてくれました。

俳優としては10月20日からスタートするドラマ『ハイエナ』(テレビ東京系)に出演するなど、公私共に順調です。

回答者からは「仲里依紗さんと一緒に過ごしているYouTubeを見ていると、凄く楽しそうなので!」(30代女性)、「一緒にいたら楽しそうだから」(20代女性)、「奥様の様子を見ていても、とても仲が良くお互いを尊重している姿が伝わってくるので、理想の旦那様です」(40代女性)といったコメントが寄せられました。

【こちらも読む→中尾明慶、妻・仲里依紗と結婚10周年を報告!
 

2位:つるの剛士

2位にランクインしたのは、タレントのつるの剛士さんです。スタイリストだった妻の美紀さんに一目惚れし、2003年に結婚。結婚記念日には毎年夫婦で靴を交換するそう。今年で20足目のプレゼントとなりました。

つるのさんは2男3女の父でもあり、SNSにも子どもたちが顔出しで登場しています。お弁当作りや家族でお出かけなど、イクメンショットが満載です。

2022年には保育士資格を取得し、現在は幼稚園で非常勤として働きながら大学の通信課程の3年次に編入。次なる目標に挑む姿に称賛の声が上がっています。

アンケートの回答では「一生一途に愛してくれそうだから」(30代女性)、「一緒に悩み一緒に子育てをしてくれそうだから」(40代女性)、「家族を大切にしている。頼りがいがある」(40代女性)などのコメントが集まりました。
 

1位:杉浦太陽

1位にランクインしたのは、俳優の杉浦太陽さんです。元モーニング娘。でタレントの辻希美さんと、結婚16年目を迎えました。

4児の父でもある杉浦さんは、息子と料理をしたりダイナミックに遊んだりする姿をたびたびSNSやYouTubeに投稿。イクメンっぷりが話題になっています。

また、SNSで辻さんの手料理を自慢したり、自身のYouTube『たぁちゃんネル』で辻さんの好きなところを10個即答したりと、愛妻家のエピソードも満載です。

回答コメントでは「子どもの育児をしてくれることで自分の負担が減るし、自分のことを大切にしてくれると感じるからです」(20代女性)、「子どもたちとの生活がより楽しくなりそうだからです」(30代女性)、「変わらずカッコいいし、家族にも優しそうだから」(30代女性)といった意見が見られました。

※回答コメントは原文ママです

>次ページ:10位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」