「再現度MAX」タモリのものまね芸人、『さんま御殿』出演で大反響! 「一瞬本物に見えた!」「いいとも以来の並び」と話題に

ものまね芸人のジョニー志村さんが、お笑いタレントの明石家さんまさんとのツーショットをSNSで公開。「似過ぎ」「そっくり」と大きな反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:ジョニー志村さんXより)

ものまね芸人のジョニー志村さんとスタッフが運営するX(旧Twitter)アカウントが10月10日、投稿を更新。ジョニー志村さん扮(ふん)するタレントのタモリさんと、明石家さんまさんのツーショットを公開しました。
 

【実際の投稿:タモリに「似過ぎ」なものまね芸人、明石家さんまとのツーショット披露】
 

「タモリさんだと思って観てました」

同日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)へ出演したジョニー志村さん。「自分でも、まさかこの番組に出演させていただける日が来るとは思っていませんでしたし、最後に前に呼ばれるなんて 夢にも思いませんでした」とつづり、楽屋で撮影されたと思われる明石家さんまさんとのオフショットを披露しました。
 

続けて、「いやはや、緊張もMAXゲージ振り切ってましたねwww」と心境も明かし、「さんま師匠ともお写真撮っていただきまして、本当に本当に感動です!! また呼んでいただけるよう精進してまいります」と締めくくっています。
 

ファンからは、「一瞬本物に見えた!」「再現度MAX」「字幕見るまでずっと旦那とタモリさんだと思って観てました」「似過ぎ」と、「そっくり」な姿に歓喜の声が。また、「前に出てさんまさんと並んでトークの時は思わず拍手してしまいました」「いいとも以来の並び」と、同番組内で2人が伝説の雑談トークを再現したことに言及する声も寄せられました。
 

「ものまね界の異端児」ジョニー志村さんとは?

ジョニー志村さんはGACKTさんや桑田佳祐さん、玉置浩二さんらの“歌まね”のほか、“声まね”も器用にこなすものまね芸人。2022年12月に『ザ・細かすぎて伝わらないモネマネ2022』(フジテレビ系)へ出演し、タモリさんのものまねを初披露。本人と思わず見間違うほど完成度の高いものまねで、「ものまね界の異端児」として人気を博しています。
 



>次ページ:ジョニー志村さんの「タモリ」姿をもっと見る!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望