演技がうまいと思う「10月生まれの俳優」ランキング! 3位「山田孝之」、2位「杉咲花」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部は、全国10~70代の男女を対象に「10月生まれの芸能人」に関するアンケート調査を実施。「演技がうまいと思う10月生まれの俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:『唄う六人の女』公式Instagramより)

10月生まれの俳優といえば誰を思い浮かべますか? 実は映画やドラマで主演を務める実力派俳優のあの人も、10月生まれなんです。
            
All Aboutニュース編集部は9月5日~10月2日の期間、全国10~70代の男女335人を対象に「10月生まれの芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「演技がうまいと思う10月生まれの俳優」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果
 

3位:山田孝之

3位にランクインしたのは、10月20日に40歳の誕生日を迎える山田孝之さんです。

2003年にドラマ『ウォーターボーイズ』で初主演を務めて以降、『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)、『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)、『全裸監督』(Netflix)など、清純派から個性的な役までこなす実力派俳優として活躍しています。

2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』で服部半蔵役を演じるほか、10月27日からは竹野内豊さんとW主演を務める映画『唄う六人の女』も公開予定。今や日本の映画・ドラマ界に欠かせない実力派俳優の1人です。

アンケートの回答では「どんどん引き込まれる演技をしていると思います」(30代女性)、「他には無い個性的な一面を感じるから」(40代男性)、「シリアスなものからコミカルなものまで違和感なく演じていると思うから」(30代女性)などのコメントが寄せられました。
 

2位:杉咲花

2位にランクインしたのは、俳優の杉咲花さんです。2011年にドラマ『桜蘭高校ホスト部』(日本テレビ系)で俳優デビュー。2013年に出演したサスペンスドラマ『夜行観覧車』(TBS系)で、反抗期の暴力娘を熱演し脚光を浴びました。

以降コンスタントにドラマや映画の出演を重ね、2月にWOWOWで放送されたオムニバスドラマ『杉咲花の撮休』では異例の本人役で主演を務め、話題を集めています。

2024年には主演映画『52ヘルツのクジラたち』、『片思い世界』の公開も予定しており、今後の活躍にも注目です。

回答者からは「若手だけど十分演技派の俳優さんだと思う」(40代女性)、「どんな役でも違和感を感じないから」(30代女性)、「夜行観覧車の演技衝撃的だった」(30代女性)といったコメントが集まりました。
 

1位:堺雅人

1位にランクインしたのは、10月14日に50歳の誕生日を迎える俳優の堺雅人さんです。2004年放送のNHK大河ドラマ『新選組!』の山南敬助役がハマり役となり脚光を浴びました。

2013年に放送され、最終回の視聴率42.2%を弾き出し社会現象を巻き起こしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)で主演を務め、役中の決めぜりふである「倍返し」は、流行語大賞の年間大賞に輝きました。

その後もNHK大河ドラマ『真田丸』や『VIVANT』(TBS系)など、多くのヒット作で主演として大活躍しています。

アンケートの回答者からは「シリアスからコメディーまで、演じ分けておられる。迫真に迫った演技がすごい」(20代女性)、「どんな役でものめり込む程の演技力がある」(30代女性)、「VIVANTを見て、改めて演技力健在と思いました」(50代女性)などのコメントが寄せられました。

※回答コメントは原文ママです

>次ページ:10位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」