好きな「10月生まれの芸能人」ランキング! 2位「マツコ・デラックス」に2倍以上の差をつけた1位は?

All About ニュース編集部は、全国10~70代の男女を対象に「10月生まれの芸能人」に関するアンケート調査を実施。「好きな10月生まれの芸能人」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:『マツコ&有吉 かりそめ天国』公式Instagramより)

秋も深まり、ハロウィンなどの楽しいイベントもある10月。芸能界でも10月生まれのタレントや俳優が活躍しています。

All Aboutニュース編集部は9月5日~10月2日の期間、全国10~70代の男女335人を対象に「10月生まれの芸能人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「好きな10月生まれの芸能人」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果
 

2位:マツコ・デラックス

2位にランクインしたのは、テレビ番組の司会やコメンテーターとしてもおなじみのマツコ・デラックスさんです。

1972年10月26日生まれのマツコさんは、雑誌の編集者を経てタレント活動を開始。豊富な語彙(ごい)と巧みな話術、聞き上手な姿勢から『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)や『マツコの知らない世界』(TBS系)など数多くの番組で司会を務め、人気を博しています。

また、コラムニストとしても活躍しており、『EX大衆』(双葉社)や『サンデー毎日』(毎日新聞社)などでコラムの連載も行なっています。

回答者からは「切り返し、話し方がとても上手で憧れる」(40代女性)、「テレビ番組で食べ物や飲み物を的確にコメントしながら召し上がっている姿が好きです」(30代女性)、「個性的で自分を持っていると感じるから」(30代女性)などのコメントが寄せられました。
 

1位:松坂桃李

1位にランクインしたのは、俳優の松坂桃李さんです。1988年10月17日生まれの松坂さんは、雑誌モデルを経て2009年に『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)で俳優デビュー。

その後、数々のドラマや映画で主演を務め、2019年には映画『新聞記者』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝きました。7月期の話題をさらったドラマ『VIVANT』(TBS系)での諜報(ちょうほう)部員役の好演も記憶に新しく、名実ともに日本を代表する実力派俳優の1人です。

回答コメントでは「いろんな役をこなせる方でかっこいいので」(30代女性)、「松坂桃李が出演するドラマ、映画は欠かさずチェックするくらい彼の演技が魅力的だから」(20代女性)、「子供と見ていたシンケンジャーからすきになった。今は様々な役を演じられており、素敵な俳優さんになったなと思う」(50代女性)などの声が集まりました。

※回答コメントは原文ママです

>次ページ:10位までの全ランキング結果を表で見る

この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間50本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは