「塩顔イケメン俳優」の人気ランキング! 2位「星野源」、1位は?

タレント調査「タレントパワーランキング supported by DmMiX」を実施しているアーキテクトが「塩顔イケメン俳優」の人気ランキングを発表。気になる結果を見ていきましょう!(サムネイル画像:星野源さん公式Instagramより)

タレント調査「タレントパワーランキング supported by DmMiX」を実施しているアーキテクトは、塩顔イケメン俳優の人気を調査し、10月4日にその結果をランキング形式で発表しました。

塩顔イケメンは、「全体的にあっさり」「色白で透明感」「一重でシャープな目鼻立ち」といった顔立ちが特徴とされています。気になる結果を見ていきましょう。

>12位までのランキング結果
 

2位:星野源


2位は、星野源さんがランクインしました。

シンガーソングライターや俳優、文筆家などマルチに活躍中。2016年に出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)は社会現象になるほどの人気となり、この年の「第67回NHK紅白歌合戦」にも出場を果たしています。2023年8月には最新曲『生命体』をリリースしました。
 

1位:神木隆之介


1位に選ばれたのは、神木隆之介さんでした。

神木さんは、幼少期から子役としてドラマやCMで活躍。2005年の初主演映画『妖怪大戦争』では「第29回日本アカデミー賞」の新人俳優賞を受賞し、世間の注目を集めました。30歳になった2023年は、NHK連続テレビ小説『らんまん』で主人公に抜てきされ、植物学者の槙野万太郎を熱演しています。


>次ページ:12位までのランキング結果
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示