スターダスト所属の「好きな女性俳優」ランキング! 2位「永野芽郁」を大差で抑えた1位は?

All About ニュース編集部は8月17日~9月18日、「スターダスト所属の女性俳優」に関するアンケート調査を実施。「スターダスト所属の好きな女性俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:北川景子さん公式Xより)

大手マネージメント事務所『スターダストプロモーション』は、1979年の設立以来、多くの俳優やアーティスト、タレントを排出しています。総勢1000人を超えるタレントが所属している事務所です。
 
All About ニュース編集部は8月17日~9月18日、全国10~60代の男女311人を対象に「スターダスト所属の女性俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から、「スターダスト所属の好きな女性俳優」ランキングを紹介します!

>10位までの全ランキング結果
 

2位:永野芽郁

2位には、永野芽郁さんが選ばれました。2009年に『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』で映画デビュー。2018年にはNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で主演を務め、一躍人気俳優となりました。

2021年にはドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)にて戸田恵梨香さんとW主演を務めました。7月13日に公開された配信ドラマ『御手洗家、炎上する』(NetFlix)では、家政婦として働きながらも、陰で復讐を企てる主人公・山内しずか(村田杏子/御手洗杏子)役を演じています。
 
アンケートの回答では「見たいと思うドラマや映画に必ず出演しているからです」(20代女性/千葉県)、「綺麗と可愛さを両方持ち合わせており、演技も上手だから」(30代女性/福岡県)、「清楚系な雰囲気があるビジュアルなのにバイク好きなのがギャップで好きです」(30代男性/神奈川県)といった声が寄せられました。
 

1位:北川景子

1位には、北川景子さんが選ばれました。2003年に雑誌『Seventeen』(集英社)専属モデルとして芸能界入りし、2006年に『間宮兄弟』で映画デビュー。同年、ハリウッド映画『ワイルド・スピードX3/TOKYO DRIFT』に出演しました。
 
その後も、ドラマ『悪夢ちゃん』(日本テレビ系)、『家売る女』(日本テレビ系)、『リコカツ』(TBS系)などで主演を務め、どんな役も見事に演じ分けています。9月10日からは、主演ドラマ『落日』(WOWOW)が放送。湊かなえさんの小説が原作で、新進気鋭の映画監督役を演じました。
 
回答では「立ち振舞いが格好良いから」(40代男性/新潟県)、「性格がサッパリしていて男前で好きだから」(30代女性/栃木県)、「綺麗で凛とした雰囲気が大好き。物事に真面目に取り組む姿勢も魅力的」(30代女性/長崎県)などのコメントが寄せられました。
 
※回答コメントは原文ママです

>次ページ:10位までの全ランキング結果を見る

この記事の筆者:水野 渚沙

新潟生まれ、愛知育ち。これまでに4つのWebメディアを立ち上げて、7つのWebメディアで編集者&ディレクターを経験。どのWebメディアでもPVを上げるための分析や企画に携わってきたので、大体いつもネットでウケるネタを考えています。漫画が大好きです。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応